LaunchGram

リリース間近の気になるプロダクト、情報収集はLaunchGramにおまかせ

次の記事

AWS(Amazon Web Services)ユーザが犯す間違いのトップテン

lg1

先日の10x Xeleratorにて、Andy SparksがLaunchGram.comのサービス開始をアナウンスした。世界中の面倒くさがりな人たちがサービスインを歓迎している(ないしは、関係者一同そうなることを期待している)。Sparksによれば本サービスは「リリース間近となっているプロダクトについての評判などを収集して提供するもの」なのだそうだ。

使用したい人はまずLaunchGramのウェブサイトでアカウントを作成し、そして間もなく登場する気になるプロダクト(たとえばiPhone 5等)についてのニュース購読を申し込む。

登録が完了すれば、関連するLaunchGramsニュースがメールで送られてくることになる。内容はリリース日付、プレオーダーの受け付け情報、写真や動画によるプロダクト紹介などだ(LaunchGramが利用者に代わってウェブ中から関連情報を集めてくれる)。ちなみにメールで送られてくる情報は、サイトのプロダクトページでも見ることができる。

どのようなプロダクトに対応しているのか。現在のところはビデオゲーム、映画、ガジェット、および車に注力しているようだ。今後、書籍、音楽などにも範囲を広げていく予定なのだそうだ。

現在のところ新着情報はメールで送られてくるが、SMS版も間もなく準備されるのだそうだ。モバイルウェブ版およびアプリケーション版も現在開発中だとのこと。

Andyが言うには、LaunchGram.comの目的はニュースソースに取って代わることではない。必要な情報のみを引き出してくるフィルタとしての機能を向上させていきたいのだそうだ。

良質の情報のみを入手できるようになるのなら、TechCrunchでもぜひ採用を考えた方が良いかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)