AppleのiTunes Store、Q2の売上は19億ドル、アプリ数60万本

次の記事

iCloudのユーザー数は1.25億人、Apple CFOオッペンハイマーが語る

AppleのiOSエコシステムの勢いが止まらない。同社は現在AppStoreには60万本以上のアプリがあると発表した。1ヵ月前にAppleが公表した数字は55万だった

そしてiTunes Storeは今年第2四半期に、19億ドルを売り上げた。Appleは音楽とアプリの内訳を詳しく明かしていない。同社は先月公表したアプリダウンロード250億回の数字についても最新情報を語らなかった。前回発表したデータを見ると、Appleはデベロッパーに40億ドル支払っている累計)。対するGoogleのストアはアプリが45万本以上で、収益化は遅れている(しかし、改善中!)。

わたしは、売上トップのデベロッパーたちともよく話すので、1日当り売上の大体の目安は知っている。昨年の夏と秋、売り上げトップのアプリで月間300万ドル程度だった。その後EpicのInfinity Blade IIが、単独のiOSアプリで月間500万ドル稼げることを12月に証明した。非常に実入りの良いホリデー月間だった。iPhoneのランキング上位のデベロッパーを調査した結果、だいたい1日当たり25万~30万ドルというところだった。これにはアプリ内購入と広告収入も含んでいる。

4年近く前の2008年中頃にスタートして以来のエコシステムの成長ぶりを下のグラフで示した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)