Gmailの利用容量が25Gバイトを超えている人はGoogle Driveの利用に注意

次の記事

時間指定でソーシャル共有を実行するbuffer、利用者数は18万となり投稿数も1000万を突破

Google Driveの発表が大いに賑わっているが、これまでGmailのためにストレージを購入してきた人は注意が必要だ。というのもなぜならGoogle Driveの登場によって、Gmailのストレージは最大で25Gバイトまでになったからだ。無料プランで提供されるGmailのストレージは10Gバイトで、新しいストレージプラン(すなわちGoogle Driveを月額で有料で使うプラン)に変更すると25Gバイトまでは拡張される。

もちろん、これでも普通の人なら十分な容量だと思うが、大きなデータファイルなんかをやりとりしているとそれでも長期間では足りなくなる。だから、これまで追加でGmailのためにストレージを購入してきた人もいるだろう。かくいう僕もGmailを使い始めてかれこれ8年が経つが、その容量はいまや40Gバイトを超えている。

いままでの年額を支払う古いストレージプランから今回導入される新しいストレージプランに変更するとGmailのストレージの上限が25Gバイトになるようだから、Google Driveを導入しようとしているGmailヘビーユーザーは気をつける必要がある。

Google広報に質問したところ、25Gバイト以上Gmailを使っている人は、過去のメールを消して容量を減らすか、あるいは新たなGmailアカウントをとってほしいとのことだった。

もし知らずに25Gバイトを超えてGmailを使っているユーザーが新ストレージプランを導入したら、いままでのメールがどうなるのか、あるいは新しく届くメールが届かなくなるのかについては追加の質問として現在広報に問い合わせ中だ。

[via Engadget Japanese]