ちょっとだけ何かを売りたい人が簡単便利に利用できる“仮想陳列ケース”サービスShopLocket

次の記事

アンドリーセン・ホロウィッツ:パートナー6名が収入の半分を慈善事業に寄付する理由を語る

Screenshot_1

オンラインのお店という大げさなものをわざわざ作らなくても、誰でも自分が売りたいものを売れるというサービスShopLocketが、今日(米国時間4/25)一般公開される。

協同ファウンダでCEOのKatherine Hagueは、彼女自身がそういうニーズを抱(いだ)いたのだ。彼女は自分のブログやWebサイトでTシャツなどを売りたいと思ったが、Shopifyなどのサービスを利用して完全なお店を開きたいとは思わなかった。そもそもそういうサービスの、月額29ドルの利用料は理に合わない。誰もが、良質なUIの上で簡単安価に何でも売れるサービスがほしい、と彼女は思った。

ユーザはある程度の説明と品物の写真をアップロードする。そうすると“仮想陳列ケース”をもらえるので、Webを閲覧する人たちはそのケース内の品物を見て購入する。なお、その陳列ケースはどこにでも埋め込めるし、FacebookやTwitterやPinterestで共有するためのボタンもある。料金は基本料2ドル+売上の2.5%だ。簡単便利だし、本格的なオンラインストアを開くための実験としても使える。

ShopLocketは実は、今月初めから非公開で動いていた。登録会員はすでに1200名いるそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))