GREE、米モバイルゲーム会社Funzioを2.1億ドルで買収

次の記事

Microsoft、開発者に向けて「品質向上」と「セックス低減」を要請

日本のゲームの巨人、GREEは、ミッドコア・モバイルゲーム開発会社のFunzioを2.1億ドルで買収し、欧米向けゲームの開発能力を強化すると発表した。Funzioの商品には、Crime City、Modern War、およびKingdom Ageがある。いずれもグラフィックRPGで、iOS、Android、およびFacebookで好調な実績を上げている。

数週間前私は、Funzioが投資後企業価値3.5億ドルで資金調達の準備中で、様々な買い手と入札方式で大まかな交渉をしているとの情報を得た。どうやらその資金調達がFunzioの売却に役立ったようだが、評価は当初聞いていたものとは違うようだ。それでも2.1億ドルは、同社がこれまでIDG Ventures、およびPlaydom共同ファウンダーのRick Thompsonから調達したのが約2000万ドルだったことを踏まえると悪くない金額だ。ちなみに、Draw Somethingを作ったOMGPOPは、Zyngaに現金1.8億ドルおよび金額非公開のアーンアウトで買収された。

GREEはなぜFunzioを買ったのか。GREEは日本の数十億ドル規模のモバイルゲーム会社で、欧米市場への進出を伺っている。その利益率はZyngaを圧倒するが、自国の市場が飽和状態のため成長の余地がなくなりつつある。GREEはその対策の一環として昨年ゲーミングネットワークのOpenFeintを1.04億ドルで買収した。

しかし、GREEの特徴は同社がプラットフォーム・プロバイダー〈かつ〉ゲームデベロッパーであるところで、OpenFeintはその要求の片方を満たすにすぎない。OpenFeintは〈プラットフォーム〉なのでGREEには社内開発の機構が必要で、そのために ベイエリアで積極的に採用活動を行なってきた。GREEが過去数ヶ月に多くの標的をスカウトしてきたのに続き、Funzioが力になるだろう。他の少なくとも2社のゲームデベロッパーおよびプラットフォームとの初期段階の交渉は、様々な理由によって頓挫した。彼らはOMGPOPにも目をつけていたが、ZyngaのCEO Mark Pincusが9日間で契約をまとめたため、すでに遅かった。

しかしGREEはFunzioを手に入れた。ひとつ確かな助けになったのが、両社幹部の密接な関係だ。Funzioの事業開発担当副社長、Jamil Moledinaは、GREEの事業推進担当副社長、Shanti BergelとはEAで同僚だった。二人共一年以内前にEAを辞めてGREEとFunzioに入社した。

この契約によってGREEは、ゲーム業界でかなりの経験を積んだ戦力を得ることになる。FunzioのCEO Ken Chiuは以前Zyngaに会社を売ったことがあり、FunzioのCOO Anil Dharniと共に、これもよく知られたゲーム開発会社、Storm8を設立したが後に他の共同ファウンダーらと決別した。

このニュースは速報であり、情報が入り次第続報する予定。

以下はリリース文(英文)

GREE ACQUIRES LEADING MOBILE DEVELOPER FUNZIO
Continues to Grow Core Gaming Expertise

San Francisco, CA – May 1, 2012 – GREE, a leader in the mobile social gaming industry, today announced the acquisition of Funzio, Inc., a trailblazer in developing mid-core mobile game titles. The acquisition will strengthen GREE’s ability to bring high-quality games to the mobile social games market. Funzio’s titles will also join the roster of cutting-edge content planned for GREE’s global platform.

“The team at Funzio is creating some of the best mobile games in the world today. This acquisition allows us to join their talent and expertise with our vision for a mobile social gaming ecosystem.” said Naoki Aoyagi, Chief Executive Officer of GREE International. “We are extremely excited to expand our mid-core portfolio and continue to show how the mobile games market is the inevitable next step for gamers worldwide.”

Funzio – creator of successful titles “Crime City,” “Modern War,” and “Kingdom Age” – boasts over 20 million game downloads and possesses a strong, passionate fan base. The company’s officers and founders, a team of talented industry veterans, will join GREE to grow GREE’s San Francisco development studio. Ken Chiu (CEO) and Anil Dharni (COO) will join GREE International as Senior Vice Presidents while Ram Gudavalli (CTO) and Andy Keidel (VP, Engineering) will join as Vice Presidents.

“GREE shares our vision of a mobile world where people can play together wherever and whenever they are,” said Ken Chiu, CEO and Founder of Funzio. “We feel strongly that our experience in creating unique games for the mid-core market and GREE’s expertise in bringing the mobile games to the worldwide community is a perfect match.”

GREE strives to build the world’s best and largest mobile social games ecosystem. GREE’s acquisition of Funzio will move GREE toward its goal of attaining one billion worldwide users while introducing new genre expertise and exceptional titles to the anticipated GREE social mobile gaming platform, scheduled for release in Q2 2012. The new GREE platform will feature high-quality content, bring gamers a robust social gaming experience, and offer developers access to a growing, engaged global audience.

For more information about GREE, please visit http://www.gree-corp.com.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)