Facebook、Instagramにならってモバイル版のプレビュー写真を3倍に拡大

次の記事

Facebookの上場は18日に確定、Zuckerbergがシリコンバレーからリモートで取引開始の鐘を鳴らす

Facebook Mobile Photos Redesign

今までFacebookのモバイル・サイトを見ていて写真を読み込むたびにニュースフィードが中断されるのにイライラしていたユーザーは今回の改良が気に入るだろう。Facebookが今日から公開し始めたモバイル・サイト、iOS、Androidアプリの新デザインでは写真が従来の3倍大きく表示される。

これまでの小さなサムネールと違って、写真が画面の横幅一杯に、ちょうどInstagramの写真のように表示されるので元画像をいちいち読み込む必要が大幅に減った。プレビューがこれだけ大きくなれば一見して内容が分かるので、興味がなければすぐに先へ進むことができる。

Facebookのユーザーベースが急速にモバイル化しているため、広告の表示が次第に難しくなっている。Facebookはモバイルからのアクセス時間と回数を伸ばすことに努める必要がある。ニュースフィードの中断を減らし、内容の興味を増すことでユーザーがより長くスクロールを続けてくれることが期待できる。下に新旧のデザインを貼った。

スマートフォンの小さい画面でニュースフィードを見るときにただひたすらスクロールしていけばいいというのはありがたい。最近Facebookのモバイル版で「いいね!」ボタンとコメント・ボタンが1つのバーにまとめられたのもクリックが1つですむようにというねらいだ。

Instagramの場合、正方形の写真がいつもフルサイズで表示される仕組みなので、そもそも「写真を開く」必要がない。Facebookの10億ドルでのInstagram買収は依然、連邦取引委員会の承認待ちだが、Facebookはいち早くInstagramのルック&フィールを取り入れ始めたようだ。

Facebookのウェブサイトの滞在時間を伸ばしてきた大きな要因は延々と並ぶ友だちからの写真だ。しかしモバイル接続の場合、接続速度が遅いのでユーザーはなかなかアルバムを開く気になれない。今日のプレビュー写真の大型化は昨日のパーティーやら家族旅行やら元カノやらの写真を長時間眺めてもらおうというFacebookの努力の現れだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+