Firefox For Android Beta:携帯端末に最適化したUIを採用してパフォーマンスも大幅改善(Flashもサポート)

次の記事

Google、Chrome 19を公開―タブ同期機能が追加

Firefox Beta - Android Apps on Google Play-1Mozillaのモバイル分野への進出は遅れてしまい、Firefoxは依然として他ブラウザの後塵を拝している状況ではある。しかしどうやらFirefox for Androidも徐々に、Googleプラットフォーム上において、他ブラウザに対抗できる力を備えつつあるようだ。そしてMozillaはこの度、全く新しくなったFirefox Betaのリリースを発表した。インタフェースが新しくなり、Mozilla曰く「Androidらしいインタフェース」を実現したとしている。またAdobeのFlashプラグインにも対応している。もちろんバグフィックスやパフォーマンス面でのチューニングも行われている。

Firefox for Android BetaはGoogle Playからダウンロードすることができる。ちなみにGoogleのChrome for Androidと異なり、Android 2.2以降の機種で幅広く利用することができる(もちろんIce Cream Sandwichにも対応している)。但し、今のところは英語版のみでの提供となっている(訳注:日本語環境でも動作に問題はないようです)。

今リリースでの目玉は、誰がなんと言おうともAndroidデバイスに最適化して考えられたユーザインタフェースに尽きるだろう。もちろんMozillaが呼ぶところの「Awesome Screen」という「ホームページ画面」も採用されていて、こちらにも利用者の注目は集まることと思われる。

また、ブラウザの起動およびレスポンス時間の短縮がなされているのも嬉しいところだ。あわせてグラフィック面での全体的なパフォーマンス改善もなされている。ハードウェア性能をうまく活かせるようになったことで、ブラウザ上で動作するアプリケーションやゲームも、このAndroid版Firefox上でスムーズに動作するようになることだろう。もちろんユーザインタフェースの変更も、パフォーマンス改善の面においても役だっている。

さらに、フォントサイズ拡大技術を用いて、テキストの可読性を高めている点でも便利さを感じる人が多いことだろう。

Flashに対応したことについては賛否両論があるかもしれない。参考までに記しておくが、標準状態ではFlashの画面をタップすることによってプラグインが読みこまれてFlashの再生が始まるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)