Googleがスマートフォン利用データのOur Mobile Planetに2012年の最新データを追加

次の記事

複数のリキュールを混ぜずにグラス内で層状(縞々)にするLayerNationのEl Tirador

昨年10月にGoogleが無料で公開した世界のスマートフォン利用データと分析ツールのOur Mobile Planetの情報がアップデートされて2012年の最新のデータが追加されている。このツールで使われているデータは、Googleが依頼した第三者の調査会社によって調査されたもので、このデータから国別のスマートフォンの普及状況や利用状況をインタラクティブに分析することができる。

昨年10月のデータと2012年のデータも比較することができるので、各国の状況とその変化も比較できる。

たとえば、Googleの日本のブログによれば、次のようなことが発見できるようだ。

日本におけるスマートフォン利用動向

  • スマートフォン普及率が昨年の6%から、約 3 倍の20% に増加しました。スマートフォンの急激な普及の様子がうかがえます。
  • スマートフォンからのSNS へのアクセスは、2011年の58% から、63%に増加しています。
  • スマートフォンと同時並行して利用するメディアでは、1 位に「テレビ番組を見る」(53%)、2 位 に「別の端末でインターネットを利用する」(30%)、3 位 「音楽を聞く」(26%)が上がりました。
  • 日本のスマートフォン利用者は、平均で40 のアプリをインストールしており、調査対象の40ヶ国の中で最多でした。
  • スマートフォン利用者の10人に9人が、ローカル検索を使ってレストランや周辺のお店等の地域情報を検索しており、そのうちのおよそ4 割が実際に「お店を訪問した」と回答しています。

ほかにも日本国内のモバイルの各OSの普及率は次のようになっていることがわかる。インタラクティブにデータを比較できるので、グローバルにサービスを提供しているスタートアップなどは参考になるだろう。