今年のTechCrunch Disrupt NYC, 6社のファイナリストが決まる

次の記事

Amazon AppstoreではAndroidアプリを買う前に実機の上でテストランできる

im-back1

今年のTechCrunch Disrupt New York City、ここまでは激しい一週間だった。暴風雨と交通渋滞にもめげず、週末のハッカソンや最後の二日間のインタビュー集、パネル、そしてスタートアップたちのプレゼンテーションには、会場のHell’s Kitchen 94埠頭に、合わせて2000名近くが集まった。

そして明日が、グランドフィナーレだ。

ホワイトハウスの上級技官たちからの発表、ブルックリンのハードウェアメーカーへのインタビュー、起業家でもある映画スターの登場、などなど数々の新機軸に続いて、いよいよ今日(米国時間5/22)は6社のファイナリストの発表が行われた。

優勝者の決定は明日の午後(米国時間5/23)、オールスター的な審査員チームによって行われる。そのメンバーは、ニューヨークの指導的起業家Chris Dixon、Googleの役員Marissa Mayer、ニューヨークのトップクラスの投資家Fred Wilson、Kleiner PerkinsのパートナーChi-Hua Chien、Sequoia CapitalのパートナーRoelof Botha、そして本誌TechCrunchの創始者でCrunchFundの投資家Michael Arringtonだ。

では、ファイナリスト6社をアルファベット順に紹介しよう:


人を探す検索エンジンArk。人気沸騰で、月曜日にはアクセスが殺到したため、一時的にオフラインにせざるを得なくなった。


クラウドソースの通訳サービスBabelverse。100社が参加したStartup Alleyを勝ち抜いた。


本物のギターにiPhoneを埋め込んだハードウェア作品gTar。本大会に出場後に、Kickstarterの目標額10万ドルをあっさりクリアした。


アドホックなモバイルコミュニティが大きなメッシュネットワークを作るOpen Garden。いわば、複数のデバイスによる集団テザリングだ。


ブラウザ上で可動3DモデリングができるSunglass.io。設計やデザインをやる人たち–CADユーザ–に朗報だ。


電話会議の設定〜お膳立てが超簡単にできるUberconference。しかも、使用プラットホームを特定しない。

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.

ではでは、明日の決勝をお楽しみに!

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))