document

Steve JobsのApple Computer創業以前の技術的メモが6月にサザビーで競売へ

次の記事

ファッション版「チェックイン」サービスのTagbrand(ビジネスチャンスは大いにあり?!)

sjmemo4

競売会社のSotheby(サザビー)が、Steve JobsからAtariに宛てた公式メモを売りに出している。内容は、AtariのアーケードゲームWorld Cup Footballの改良アイデアだ。Steve自身の署名と印があり、回路図とパドルのレイアウトを説明している。印には当時のSteveの会社の名前、”All-One Farm Design”とあるのがおもしろい。さらに、般若心経の”gate gate paragate parasangate bodhi svahdl(羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶)”が添えられている。それでいいのだ。

買いたい人は、手元に1万から1万5000ドルは持ってないと無理だろう。いや、もっとせり上がるかもしれない。MacWorldの記事は曰く:

2012年6月15日の競売には、Steve JobsからAtariの社員Steve Bristowに送られた5ページのメモが出る。このメモにはAtariのアーケードゲームWorld Cup Soccerの一部を変える提案が書かれている。これらの変更によってプレーがやや複雑になり、ゲーセンにおける‘商品寿命’を延ばせると考えられている。メモはAtariのレターヘッドに書かれているが、当時のSteve Jobの会社である”All-One Farm Design”の印も押されている。その住所はSteveの家族の家のガレージになっている(Apple Computerの生誕の地だ)。メモには、回路図と手書きの追記がある。

これはSteve Jobsが作成したドキュメンテーションとして、知られているかぎりもっとも初期のものであり、時期はApple Computer創設の2年近く前だ。Atari社において、これ以外のSteve Jobsからのドキュメントは、その存在が知られていない。Sothebyは2011年12月に、Steve Jobsの別のドキュメントを160万ドルで売ったことがある。

お金持ちの人なら、Apple Iの新品同様の回路基板を今なら18万ドルで買える。急いだほうがいい。そして“ Sabbe satta sukhi hontu(如実知見)”を忘れないように。

原文では5ページすべてを見ることができます。〕

This slideshow requires JavaScript.

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))