日本の山形大学がおかしな肩乗りロボットを開発中―友だちのアバターとしてテレプレゼンスを実現する!

次の記事

Facebookの株価が29ドル台に下落―時価総額から350億ドルが消えた

mh2_4-1338278337573

テレプレゼンスというならFacetimeとSkypeで十分じゃないかというもっとも意見もあるだろう。しかし、だ。このちっちゃなロボットを肩に載せて、遠くの友だちに自分が見聞きしている体験を送り、さらにその友だちの反応を感じることができたらさらにすばらしい。…すばらしい、と言ってもらいたいのだが。

Miniature Humanoid 2〔ミニチュア・ヒューマノイド2〕、あるはMH2と呼ばれるこのロボット・システムは日本の山形大学の妻木勇一、小野史暁、佃泰輔らによって開発されている。今のところこのロボットを動かすためには背中にちょっとかさばるバックパックを背負う必要がある。しかし要するにMH2はユーザーの肩に乗ってユーザーといっしょに歩きまわり、ユーザーの友だちの人格を代理する。トータル・リコールに出てきた人体に寄生する火星独立運動の指導者クアトーを思わせないでもない。

IEEE〔アメリカ電気電子技術者協会〕のブログに掲載された説明では―

このシステムは一見いささか奇妙に思えるかもしれない。しかし、ねらいはこうだ。たとえばどこかに旅行したときなどに、あなたは1人ではつまらない、家族や友だちと体験を共有したいと思ったとしよう。しかし友だちは(人付き合いが悪いのではなくて本当に忙しかったのだと信じたいが)来られなかった。そういうとき、友だちの代わりにMH-2を連れていけばよいのだ。友だちは家で360度没入式の3Dモニタを装着してKinectのようなモーションキャプチャー装置の前にいる。友だちはMH-2を通じてあなたが見聞きするものを共有する。その一方、あなたの肩のロボットは友だちのアバターとして友だちの動作をリアルタイムで真似し、話す。つまり友だちがあたかもその現場に居合わせるかのような体験を提供する。

つまりこの肩乗り友だちといっしょにどこへでも出かけることができるからもう寂しい思いをすることはないというのだ。21世紀へようこそ!

via Giz via Ieee.org

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+)