iPhone5のフロントパネル?iPhone 4Sがすっぽり収まる16:9の面長パーツ

次の記事

Google、多数のジェネリック・トップ・レベル・ドメイン(gTLD)を申請―.docs、.youtube、.lol(笑

1380486611

iPhone5の情報は日替わりで出てくる。今回は、iPhone5とみられる4インチサイズのフロントパネルの映像が出回った。画面は長めの16:9で、底部にはMicroUSBポートがついている。

この動画は要注意だなと個人的には思っている。最近はこういうことを比較的簡単にやれてしまう。「なんちゃってiPhone」を作って説得力のある映像を制作することも難しくはない。

日本のブログサイトMacお宝鑑定団Blogは、このフロントパネル部品を入手し、現行モデルiPhone 4Sと比較している。フロントパネルを重ねるとiPhone 4Sのディスプレイがすっぽり収まる大きさで、かなり思い切ったデザイン変更だ。平坦さが増していく他の端末とちがって、今以上にメディア視聴に適した画面になっている。

で、これが本当に今年のWWDCで披露されるのだろうか。わからない。でも、こういう話は待つ時間が楽しいね。

[原文へ]

(翻訳:AOL翻訳編集部)