Google、ソーシャルツールバーのMeeboを買収

次の記事

Android版で大人気となったTo-Do管理アプリケーションのAny.DO、ついにiOS版およびウェブ版が登場

Screen Shot 2012-06-04 at 1.19.02 PM

Meeboはシリコンバレーの古株だ。創立以来すでに7年になる。当初は複数のプラットフォーム相互でチャットを可能にするサービスだったが、やがてソーシャルツールバーを始めとする多彩なサービスを提供するようになった。そのMeeboがマウンテンビューの隣人、Googleに買収されることが決まった。

われわれがこの情報をMeeboに問い合わせたところ、同社は公式ブログで確認した。

われわれMeeboチームはGoogleによる買収の取り決めが合意されたことに喜んでいることを報告します!

価格は? 現在各方面に取材中だが、All Things Dの情報源は数週間前に1億ドルという数字をあげていた。CrunchBaseのデータによれば、Meeboは現在までに4回のベンチャー資金調達ラウンドを実施しており、調達した資金は総額7000万ドルになる。 買収にともなってMeeboは若干のレイオフを実施したという(確認中)。

Meeboの主要な収入源はチャット、ソーシャル共有に加えて広告表示機能を持つツールバーだ。comScoreの昨年12月の調査によれば月間ユーザーは1億人だった。このとき、Meeboは競争力の高い新しい共有ツールを発表したばかりだった


[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+