Foursquareがデザインを一新:チェックインをもっと継続的でソーシャルに

次の記事

先生たち自身がタブレット上で作る教育ソフトプロジェクトTabula Project

Foursquareは、人々が実際に訪問した場所で、バーチャルにチェックインできるサービス。このほどモバイル版アプリを全面改定した。新しいルックスにさほどの驚きはない ― このところかなり大々的にテク系メディアで噂されていて、しかもおそらく一番声が大きかったのはニューヨーク拠点の同社自身だった。

新デザインは、ユーザーにサイト上でもっと他のユーザーとやりとりさせるという狙いが明確にでている ― 以前から知っている人とも、知り合いでない人とも。各自のプロフィールページにはユーザーの写真、場所、簡単な自己紹介、および各種連絡先情報とソーシャルメディア・プロフィールが中心となって掲載されている。これは、Foursquareでの体験を「より継続的」にして、ユーザーがもっとあちこちクリックしたり長時間滞在してくれることを狙っているのは明らかだ。

新バージョンのアプリでは、ユーザーの投稿やサードパーティー・サイトから取り込まれたチェックイン場所に対する意見が、以前より目立つようになった。これはユーザーがアプリを使う時間を増やすよう促すとともに、ますます高まってきたFoursquareのYelpなどレビューに特化したサイトに対する競争の姿勢を強化するものだ。

アプリの位置情報に関しても、友達がどこにいるかを地図上でリアルタイムう表示する気の利いたインターフェースが加わり、さらに便利になった。

すべてがすばらしい出来映えだが、会社の勢いを考えれば当然だろう。 Foursquareは2009年に設立して以来、計710万ドルをベンチャーキャピタルから調達し、最近の株式売却では6億ドル以上の評価額を得た。

しかし、その金には大きな圧力がつきまとう。Facebookを始めとする業界の巨人たちは、自らチェックイン・ゲームにどっぷり参入し、もちろん昨今地域で特典を提供するサービスにも不足はない。新しいデザインはFoursquareが自ら先駆けとなったSoLoMo(ソーシャル・ローカル・モバイル)分野で、優位を保つ体制が整ったことを示している ― 問題は、Foursquareが未だに稼ぎ始めていない「山ほどの収益」が今度こそ実現するのかどうかだ。もちろんそれは6億ドルの問題であり、時間がたってみるまでわからない。

新デザインの画面を貼っておく(クリックで拡大):

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)