サイズは重要:iPhone 5は4.08インチ16:9画面か(サプライチェーン情報)

次の記事

イギリスやロシアで成功したタクシーアプリGetTaxiがついに合衆国進出–その勝策は?

またこの時期がやってきた。冗談だろうって? iPhoneの噂を聞かない時期なんてない。しかし、この噂ばかりは、絶えることがない:次のiPhoneの画面サイズは大きくなるか?AppleInsiderのサプライチェーン情報源、Mingchi Kuo(KGIのアナリスト)によると、あらゆる兆候がイエスを示唆している。

彼の予想によると、新iPhoneは縦に長くなり、3.5インチの4:3画面から、「4.08インチ、インセル型IPSパネルスクリーン、解像度1136×640、輝度500nits」アスペクト比16:9へと変わる。もしこれが本当ならAppleはRetinaディスプレイというステータスのハードルをむしろ下げることになる。噂されている新画面のピクセル密度は320ppiだが、現行のiPhoneは326ppiだ。もちろんこれは大きな違いではないが、Appleがライバル(=Android機)に対抗するための許容範囲どうかは注目に値する。

これはiPhoneのデザイン上これまでで最大の変更になる。もし本当になれば3GSからiPhone 4への飛躍に匹敵する。しかしAppleには考慮すべき点が数多くある。

この会社はあらゆる製品の基盤として「使いやすさ」にこだわっている。大画面に対する最大の苦情はバッテリー寿命を縮め、片手操作を難しくすることだ。Appleはそれをやらないだろう、それが4インチ画面説をそれなりに信じられる理由だ。「大きすぎる」かどうかの境界線 ― 私の意見では4.3インチ ― をぎりぎり超えていない。4.3インチでも大きすぎるという人はいるが、4インチは10代の女性からウォール街を占拠せよの抗議団体から木材伐採人まで誰にでも心地よく使えるだろう(Appleの主要利用者層だ)。

Appleにとってバッテリー寿命は耳にたこができる。ライバルはiPhoneとの比較になるとバッテリー部門を思い切り攻めてくる。Drod Razr Maxxは3300mAhバッテリー、HTC Evo 4G LTE:2000mAh。Samsung Galaxy SIII:2100mAh。ただし、Evo 4G LTEとGalaxy S IIIはずっと大きなデバイスで画面は4.7インチだ。

そしてiPhone 4Sは、1420mAhのバッテリーだ。そしてこのレポートではiPhone 5も同じストーリー、1400mAhと予想されている。

Kuoによると、ある段階をすぎるとディスプレイは「明らかに大きい」バッテリー容量が必要になり、その段階とは4.3インチあたりだという。しかし今回Appleが4G LTE通信をサポートすると仮定するなら(iPadに採用されていていまや実証済みの技術だと考えれば理にかなっている)、Appleが1400mAhバッテリーに固執することは考えにくい。サイズと使いやすさのトレードオフはもちろん必要だが、バッテリー寿命は携帯電話にとって最重要スペックの一つなので、これを考えると調査結果はやや見当外れではないかと思う。

ともあれ先へ進もう。

Kuoは横方向の解像度は640ピクセルで変わらないだろうと言っている。これによって従来アプリがそのまま利用可能になり、デベロッパーはアプリを異なるアスペクト比に対応させる手間を省ける。つまり、Kuoによると横長画面に対応していない従来アプリは両端を余らせて表示されるが、デベロッパーが新画面向けに修正を加える場合も縦方向だけで横方向はいじらずにすむ。

調査報告にあった画像を見てみよう。

最後にKuoは、先週漏洩した30ピンポートに代わってmicroUSBポートの付いた筐体は「ありそうもない」というあまり関係のない点も指摘した。

Kuoはかつてぴったりと言い当てたことがあるので、私はこの報告書を読むのにほんのちょっとしか眉につばをつけていない。さらに、あちこちでこんな噂も勢いを増している。しかし、ジョブズが3.5インチ以上のあらゆる画面に対して反対を誓っていたことも注目に値する。

Appleが次のiPhoneを発表するまでは何もわからないが、この「大画面」の噂は何度も何度も浮上していたので、これに関しては心の準備をしておくことをお薦めする。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)