マインスイーパのスリルをスクラッチカードで、1枚2ドル

次の記事

Twitter、初のテレビCMで新ハッシュタグページを披露

mine_04

仕事の手を休めて「マインスイーパ」のスクラッチカードをやってみよう。Windowsに標準でのっていたあのゲームそっくりのスクラッチカードだが、2ドルかかるところがゲームとは違う。勝敗に意味がある。カードだから1クリックで次のゲームを始めるわけにはいかない。さらに、technabobが指摘するように、一手めで終わってしまう可能性も十分ある。綴じ込みはがきになるので、ノスタルジックゲームが好きな友だちにおくることができるのはいい点だ。

Connected Designという韓国企業が1枚2ドルでこのカードを販売している。地雷の数は80(イージー)と120(ハード)から選べる。ステッカーとセットで出荷されるので、PC版ゲームと同じように「?」や旗のマークを付けることもできる。Windowsが好きじゃない人には、この会社からはMac関連の製品もあり、iOS付箋やUSBドライブ付のiPhoneケースなどが出されている。

[原文へ]

(翻訳:AOL翻訳編集部)