まだあったiOS 6の新機能:新プライバシー設定、共有ウィジェット、ストアアプリ改訂など

次の記事

Twitter、「最近の話題」を位置情報およびフォロー状況に基づいてパーソナライズ開始

昨日(米国時間6/11)AppleはiOSの最新バージョン、iOS 6を発表し、そこには200項目以上の新機能が予定されている。壇上でAppleはその一部を紹介し、Siriの改良版、Facebook統合、新電話アプリ、3G/4G経由のFaceTime、SafariのiCloudタブ、フォトストリームの新バージョン、PassBook、Appleマップなどを披露した。

しかし、世間ではまだほかにも宝物が発見されているようで、デベロッパー版iOS 6のスクリーンショットやビデオが流出している。以下に我々が見つけたどちらかといえばマイナーな(しかし注目に値する)機能を紹介する。

プライバシー設定

iOS 6では設定アプリの中に全く新しい「プライバシー」セクションが設けられ、位置情報サービス、連絡先、カレンダー、リマインダー、および写真にどのアプリがアクセスできるかをユーザーが指定できる。あのアドレスブックゲート事件問題に対する驚くほどシンプルな解決策だが、Appleや他のモバイル業者に対する政府当局による、モバイルアプリの個人データへのアクセス方法に関する圧力の高まりを受けたものでもある。この解決案は、少なくとも今のところ、プライバシー管理の負担をユーザーに押しつけることだ。アプリに自分のデータを覗かれたくない人は、プライバシーセクションに行ってアクセスをオフにすればよい(画像提供: Cult of MaciDownloadBlog

プライバシー・ダイアログ

上記に関連して、サードパーティーアプリが連絡先、カレンダー、リマインダー、またはフォトライブラリーをアクセスする前にユーザーの了解を得るようになった(ダイアログを組み合わせることが許されないとすれば、初回起動時に大量のポップアップが出てきそうだ)

新しい共有ウィジェット

通知センター(あのプルダウンメニューのこと)に、新しいウィジェットが導入され、「タップしてツイート」や「タップして投稿(Facebookに)」がそれぞれのアプリを起動せずに行えるようになった。Twitter投稿のインターフェースは見慣れているもの ― iOS 5のアプリでツイートする時に見るものと同じだが、これとFacebookが通知センターから簡単に利用できる。(画像提供:Applenapps

ステータスバーの色が変わる

地味だがちょっといい新機能。iOS 6のステータスバーは使用しているアプリに合うように変化する。まだ全部のアプリがサポートされているわけではないが、これは開発者側で有効にする必要のある機能のようだ。これはいい感じだ。(画像提供:Cult of Mac

iPadに世界時計と天気予報がついた

従来はiPhoneのみだった(iPadJailbreak

iTunes Matchからの音楽ストリーム再生

これまでもiTunes Matchサービス経由でiCloudに保存した曲を再生することはできたが、厳密な意味の「ストリーミング」ではなく、曲はデバイスにダウンロードされていた。iOS 6ベータではすぐに曲の再生が始まり、ダウンロードはオプションになった。これはiTunes Matchが事実上ダウンロードサービスからクラウドストリーミングサービスになったことを意味する。(画像提供:Applenapps

App Store、iBooks Store、およびiTunes Storeアプリの改良

Appleのデバイス内アプリ3本すべてに改装が施され、スライド式トップバナーにフィーチャー・アプリやメディアのスライド式セクションが付いた。テーマは現在黒でアプリ、レビュー、アプリの詳細、および関連アプリがリストのトップに表示される。また、アプリ内購入を見たり、メールまたはFacebook、Twitterでアプリを紹介したり、ストアのURLをコピーしたり、Facebookの「いいね!」をつけたりできるようになった。(画像提供:Applenapps)
(訳注:ビデオによるとApp Storeアプリを抜けずに複数アプリをインストールできるようになり、インストールが完了したらその場でアプリを起動できる)

VIPメールボックス

これについてはAppleから簡単な紹介があったが、もう少しあった。新しいVIPメールボックスでは特定の連絡先を「VIP」(例えばボス)としてホワイトリストに載せることができる他、通知設定をカスタマイズして特定の相手からメールが来たときだけアラートを出すようにできる。(画像提供:Cult of Mac

マップ&経路アプリ

開発者向けドキュメント自身に書かれている興味深い情報。

独自のマップをサポートしていないアプリは、マップアプリを起動して指定した場所や道順の表示が簡単にできるようになった。曲がり角ごとのナビゲーションサービスなどのルーティング情報を提供するアプリは、ルーティングアプリとして登録することによって、システム全体でそのサービスを利用できるようになる。ルーティングアプリとして登録することによって、アプリを利用者の目に触れる機会を増やすことができる。ルーティングアプリは運転や歩行用に限らない。自転車やハイキング、航路、地下鉄などの公共交通機関の道案内アプリも含まれる。しかもあなたのアプリはユーザーのデバイスにインストールされている必要もない。マップはApp Storeにあるルーティングアプリのことを知っているので、ユーザーにアプリを購入するオブションを与えて案内に使えるようにすることができる。

アプリ内コンテンツ購入

アプリがiTunesコンテンツをアプリ自身のインターフェースで直接購入できるようになった(リダイレクトが不要に)。アプリ、ミュージック、ブックその他のiTunesコンテンツが対象。デベロッパーはどの項目を購入対象にするかを決めることができるが、取引はStore Kitフレームワークによって扱われる。

iPad用iAdバナー

Appleの広告プラットフォームであるiAdでは、デベロッパーが自社アプリ内に広告を表示することによって収益を得られる。広告はアプリのユーザーインターフェイスの一部を占有し、ユーザーが見たりクリックした時に収益が発生する。iOS 6ではiPad用にデザインされた中型サイズの矩形バナーが新しく提供される。

ジオフェンス・リマインダー

リマインダーで距離または時間によるアラームが可能になった。ジオフェンスというのは地理的領域を囲む仮想的境界線で、そこを通過した時にイベントのためのアラームを起動できる。例えば、事務所を出たときにスーパーで牛乳を買うように知らせるようにリマインダーを設定できる.

Whoops! 新機能じゃなかった。ディベロッパーから聞いた新機能はこちら。

Event Kitフレームワークにユーザーのデバイスのリマインダーを作ったり参照したりするためのインターフェースが加わった。作成したリマインダーはユーザー自身が設定したものと一緒にリマインダーアプリに表示される。リマインダーには近接または時間によるアラームを設定できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)