TwitterのExpanded Tweetsは、ニュースや画像、ビデオをツイート内に展開する

次の記事

GoogleやAmazonはICANNの新トップレベルドメイン(TLD)でこんな名前を押さえた

今日(米国時間6/13)Twitter公式ブログでさまざまなコンテンツを、ユーザーがツイート内で直接アクセスできる新機能が発表された。Expanded Tweetsと呼ばれるこの機能によって、ユーザーはTwitterウェブサイトを離れることなく提携パートナーのコンテンツにアクセスできる。

ニュース系パートナーのNY Times、Wall Street Journal、MSNBC’s Breaking News、San Francisco Chronicle、Der Speigel、TIMEらのコンテンツは、それぞれのウェブサイトに行かなくても読めるようになる。ニュース系ツイートをExpanded Tweets機能によって展開するとヘッドラインと序文のプレビュー、および出版社と記者のTwitterアカウントが表示される。そこからクリックして記事を読んだりニュースのアカウントをフォローしたり返信、リツイートなどがTwitterページの中から可能になる。

TwitterがExpanded Tweetsの対象とするのはオンラインニュースだけでも文字だけでもない。画像やビデオもツイート内で見ることができる。Twitterによると画像ではWWE、BuzzFeed、TMZ、映像ではBET、Lifetime、Dailymotionらのパートナーがこの機能を提供する。

現時点でこの機能はTwitterのウェブサイトとモバイルウェブでしか使えない。しかしTwitterのプロダクトマネージャー、Michael Sippeyが公式ブログに書いたところによると、同じインライン表示機能はiPhoneおよびAndroidのネイティブアプリでも提供される予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)