Microsoftの10.6インチWindows 8タブレットSurfaceはマス消費者に浸透するかな?

次の記事

Facebookの超ローカル・モバイル広告は未確認情報だった。しかしターゲット方法はこんな風になるかも

gallery_5_large

“本機はハードウェアとソフトウェアが一体化している。仕事にも遊びにも、どちらにも最高だ”、とロサンゼルスのMilk Studiosで今日(米国時間6/18)行われた派手な発表会で、Steve Ballmerはこう述べた。Microsoftは、AppleのiPadと本気でたたかう気らしい。〔ハンズオン記事。〕

MicrosoftはSurfaceを、“Windows 8のための檜舞台”として作った。厚さ9.3ミリ、標準サイズのUSB 2ポートがあり、大型のスタンドも付いている。それでいて重さは1.5ポンドと軽い。ケースはマグネシウム製だが、この素材をMicrosoftはVaporMgと呼んでいる。ディスプレイの表面はGorilla Glass 2が張られている。液晶表面に硬質ガラスを直接張る技術は、MicrosoftがSurfaceで実現した新特許らしい。すなわち、あくまでも一般消費者製品であり、敵はiPadだ。

OSがWindows 8だからMetroがあるが、通常のWindows機としても使えるし、またXboxの機能もある。今月初めのE3でMicrosoftがXboxのSmartGlass機能を発表したのは、当然、Surfaceの前宣伝だ。

いくつかのアクセサリもMicrosoft自身からのご提供となり、たとえばキーボード兼カバーは厚さ3ミリと薄い。装着が磁石方式なのは、iPadのSmartCoverの真似か。裏には、本体と同幅の巨大なスタンド*がある。〔*:スタンドはアクセサリ製品ではない。詳細はこの仕様表を見てください。〕

Surfaceは2種類あって、ひとつはARM機*、もうひとつがIntelだ。〔*: OSは正規のWindows 8ではなくWindows RT。しかし上述の“軽く”て“薄い”のはこっちのほう。〕

どんなすばらしいハードウェアも、ソフトなければただの箱だが、Ballmerは発表の席でWindows環境の強みを強調した。つまり、Metroとおなじみのデスクトップ環境の両方がある。Skyrimなどごく一部のソフトを除いては*、従来のWindowsソフトがすべて動くはずだ。〔*: デスクトップ機でないと無理、の意味。〕

しかしMicrosoftは、デベロッパの量と質でAppleに対抗できるだろうか? iPadで稼いでいる零細デベロッパたちは、従来からMicrosoftを無視している。タブレットも、iPadほどユーザ数の多い製品はほかにない。しかしSurfaceの場合は、ひとつのアプリのユーザがモバイルとデスクトップにもいることになるし、またMetroのタッチスクリーンもある。だから最初から意外と、デベロッパが関心を持つだけの大きさのユーザベースがあるかもしれない。

なおストレージは、ARMバージョンが32GBまたは64GB、Intelバージョンが64GBまたは128GBだ。発売日は未定だが、お値段は“競争に勝てる価格にする”、と彼らは強調した。

〔原文の最後には、きれいな(?)スライドがあります。日本版は残念ながら未対応。〕

This slideshow requires JavaScript.

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))