Twitter、有名人のツイートを見やすくする簡易プロフィールを順次公開

次の記事

Google、Gmail用カスタムテーマを公開。好きな背景画像を選択可能に

時として私は憧れている有名人のTwitterアカウントに遭遇する。「えっ、ニール・ゲイマン(であれ誰であれ)!」という瞬間に出会った時には、その人のツイートを読みにいく。その結果は「すばらしい! フォローしよう!」ということもあれば、知らない人たちのどうでもいいツイートで溢れるストリームを見て、「うーん、何が起きているのかわからない」と立ち去ることもある。

実際には上に書いた筋書きは有名人に限らず、誰のTwitterアカウントでも起きうるのだが、セレブのアカウントで特にそれが顕著なのは、多くの人たちが彼らに向かってツイートし、多くの脈絡ない人々がそれを見ているからだ。そこでTwitterがある解決策を発表した。それは「@リプライ」を非表示にした簡易プロフィールで、通常のツイートストリームでもすでに非表示になっているのと同様だ。この機能はオンオフ切り換えられるらしい。上のスクリーンショットから判断するに、プロフィール画面で「すべての」ツイートを見るか「リプライを除く」かを選べるようだ。

Twitterによるとこの新プロフィール画面は、認証済みアカウント(殆どが有名人かブランド)に対して今後数週間かけて順次展開していく予定だ。

これはTwitterを気軽に使っているユーザーにとって特に重要だろう。以前CEOのDick Costoloは、ユーザーの40%はツイートしていない、と言い、それはTwitterがパワーユーザーだけのものでない証拠なので良い兆候だだと主張していた。そういう人たちがセレブをフォローすることになった時、彼らと他のユーザーとの会話を解読する忍耐力はないかもしれない。見たいのは一般人向けに発信されたツイートだけだろう。

またこれはブランドにとっても朗報かもしれない。彼らは消費者やファンに自分たちのメッセージを届けたいのだから、カスタマーサービス的ツイートに邪魔されたくはないだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)