Windows Phone 8のハードウェアパートナーは4社, アップデートはOTA, “ファン”は早期アクセス可

次の記事

ビッグデータは冷たい分析よりも熱いエンゲージメントの契機–顧客の声を‘聞く’だけではだめ

IMG_0613

この秋MicrosoftがWindows Phone 8を立ち上げるとき、製品を提供するハードウェアパートナーはNokia、Huawei、Samsung、そしてHTCになる。いずれも使用チップはQualcomm製で、対応言語は50言語、アプリは180か国で入手できる。Windows Phoneのアップデートは、すべてOTAで配布される。ただしアップデートの公式サポートは、その製品の発売後18か月またはそれ以上。“ファン”として登録したユーザは、一般消費者向けにプッシュされる前にアップデートを試せる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))