Instagram、「フォトを探索」タブを追加して未来の進化を準備中

次の記事

パーキンソン病を声で診断するアルゴリズムを開発-3分ヒマのある人はその訓練に協力しよう

Instagram Explore Icon「近くで撮影された写真を検索」などという機能がInstagramに搭載されたらどうだろう。InstagramにFoursquareの魅力も取り込むことができるようになるだろう。写真を投稿して、標準のフィードを通して他の人の写真を見るという以外の楽しみも広がってくる。そうした動きの萌芽を、今回のアップデートに見ることができるように思う。「ポピュラー」タブと検索機能をミックスして、新たに「フォトを探索」というタブが実装された。またFacebookとの新たな連携スタイルも導入され、ビジュアル面、スピード面でも進化している。さらにコメント機能も新しくなり、人を検索するときにはオートコンプリートが使えるようになり、そしてプロフィール画面も新しいものとなった。

未来の萌芽を感じると書いたが、現在のところ実際に検索できるのはユーザー名とハッシュタグのみが対象だ。しかしきっと特定の時間に指定した場所で撮影された写真なども検索できるようになるに違いないと思うのだ。たとえば昨日の午前9時から午後4時までの間、サンフランシスコはマーケットストリートで撮影された写真から、ゲイ・プライドの最中に出現した虹を見るなどということもできるようになる。

Instagramが大人気となったおかげで、世界中の美しいものを手軽に見ることができるようになった。但し現在のところは素晴らしい夕日の写真を並べて見てみたり、往来の激しい交差点の写真を集中的に見るというのは難しい。最善の策は、そうした写真を撮る人を見つけて、フォローしておくということになる。

今後のInstagramは、多くの人と「興味」を共有できるようになっていくのだろう。近くで撮影された写真、特定の郵便番号地域で撮した写真、お気に入りのフィルタを使った写真、指定した時刻に投稿された写真などをフィルタリングして閲覧できるようになっていくだろう。住んでいるアパートの近くのもの、故郷の写真、「1977」というフィルタを使ったもの、ないしは真夜中に撮影されているのは何かなどを「探索」するのも、きっと面白いに違いない。

未来に向けた最初のスタートとして、ハッシュタグは良いポイントだと思う。ただハッシュタグを付けない人も多い。「フォトを探索」タブができたことで、すべての写真がすべての利用者に対してオープンになったわけだ。今後、世界中の写真を好みに応じて見ていくためのさまざまな機能が実現されていくことだろう。

ちなみに今回のアップデートで改良された点をiOS版のバージョン2.5に関する説明から引いておく(訳注:Android版も同様のアップグレードが成されているようです)。

  • プロフィールタブの改良
  • 「フォトを探索」タブにて利用者及びタグでの検索に対応
  • コメント機能の改善
  • 利用者検索時にフォロワーベースでオートコンプリートを利用可能
  • ビジュアル面での改善
  • 速度面での改良
  • 「お気に入り」指定をFacebookでも」共有可(オプション)。プロフィールタブから「共有設定」>「Facebook」にて設定可。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)