Google I/O:Google Glassに触ってみた!

次の記事

Google I/O:スカイダイビングをGoogle Glassで生中継―ベータ版のデベロッパー向け予価、1500ドル

一部のGoogle関係者以外にも、外部の人間少数に対してGoogle Glassのデモが行われ、私もその一人だった。私は未来に生きている。そして今がその未来だ。

短い時間ではあったが、私はServey Brin個人のGoogle Glassでデモを見た。それは驚くほど軽量で私が元々かけているメガネの上に着用した。現在のバージョンではバッテリーパックは右側にあり、回路とカメラハブの重さを帳消しにしているため非常に軽く感じる。

デモでは右側のレンズを通して花火が映し出され、音声は右側からだけ聞こえた。Serveyの助言で、音声がよく聞こえるように手を丸くして右耳にあてた。周囲を見回すとAR体験が得られた。ビデオの画質はかなり悪いが、何しろこれはプロトタイプでありServeyもこのデモは古いと言っていた。

Glass着用者への通知は “ding”音で知らされ、首を上に向けてメッセージを読む。

Glassについてはもう少し書く予定だが、別のデモ機の高画質写真を下に貼っおいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)