Googleの新陳代謝続く―iGoogle、Google Videoなどがシャットダウンへ

次の記事

2016年にタブレットがノートを抜き後者の‘タブレットふう化’も進む

GoogleAxe

Googleは自らのビジネスとって本質的でないサービスのシャットダウンを続けている。これは共同ファウンダーのラリー・ペイジがCEOに就任してから積極的進められている方針だ。今回、Googleは5つのサービスの閉鎖を発表した。この中で比較的有名なのはGoogle VideoとユーザーがカスタマイズできるホームページのiGoogleだ。

iGoogleの有用性がすでに消滅しているのは明らかだ。このサービスは人々がインターネットへの入り口としてポータル・ページを利用していた時代のものだ。当時、ブラウザにはまだタブが普及していなかった。iGoogleは2013年11月1日をもって運用が停止される。「ユーザーがデータを移行する時間は十分あるはず」とGoogleでは言っている。

もうひとつの大物はGoogle Videoだ。これも長い間Googleが買収したYouTubeの日陰に隠れていた。なにしろ新規アップロードの受付が停止されたのは2009年5月に遡るのだから、Google Videoが今だに運営されていたことの方が驚きかもしれない。Google VideoのシャットダウンはiGoogleよりずっと早く予定されている。万一読者がGoogle VidoeにビデオをアップしたことがあるようならいそいでYouTubeに移しておいた方がよい。Google Videoは8月20日をもって閉鎖される。

その他閉鎖されるサービスは以下のとおり。GoogleのSymbian検索アプリ(Google.comをブックマークに入れておけばよいとGoogleは勧めている)。Google Talk Chatback(Google Talkのウェブサイト向けウィジェット。Googleでは先ごろ買収したMeeboを使うよう勧めている)。Google Miniは2005年に登場した企業向けの検索ハードウェアだが、Googleがこの分野から手を引くというわけでは全くない。Miniの機能は現在、Google Search Appliance、Google Site Search、Google Commerce Searchなど他の多くのプロダクトによってカバーされている。ただし既存のMiniユーザーは今後も利用を続行できるということだ。Miniの停止についてはこちらで詳しく説明されている。

ここ数カ月でGoogleが停止、閉鎖したサービスの一覧を下に掲げておく。

Google Bookmarks Lists, Google Friend Connect, Google Gears, Google Search Timeline, Google Wave, Knol, Renewable Energy Cheaper than Coal (RE<C), Aardvark, Desktop, Fast Flip, Google Maps API for Flash, Google Pack, Google Web Security, Image Labeler, Notebook, Sidewiki, Subscribed Links,Google Flu Vaccine Finder, Google Related, Google Sync for BlackBerry, mobile web app for Google Talk, One Pass, Patent Search, Picasa for Linux, Picasa Web Albums Uploader for Mac and Picasa Web Albums Plugin for iPhoto, and all Slide products.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+