Mozilla Thunderbirdは結局こういうことに(詳しくは本文を)

次の記事

凡人のためのヒッグス粒子

Mozilla-thunderbird-logo

MozillaはThunderbirdの開発を“やめた”のではなく、次のように決定しただけだ: “Thunderbirdにおいてイノベーションを続行することはわれわれのリソースの最良の用い方ではない。われわれの組織には、よりリソースを振り向けるべき重要な目標がある”。そこでThundebirdからは人を引きあげる、しかし、開発の停止はしない。分かった?

正式の発表は月曜日(米国時間7/9)に行われるが、Mozillaのメンバー、通称“Mozillians”たちには今日(米国時間7/6)、書状が送られた。書状の内容をメールやブログやツイートなどで公表しないよう求められていたが、誰かがそれを無視したために本誌のこの記事もある。

熱心なファンはがっかりするかもしれないが、オープンソースのOutlook対抗製品であるThunderbirdはデスクトップのソフトウェアであり、一方世の中はますますモバイルとWebにシフトしつつある。もちろんMozilla自身も、“boot-to-gecko” OS(今の名は“Firefox OS”)への取り組みをはじめとして、この変化への対応を進めてきた。ほかにも、Web上のコードエディタThimble、モバイル(iPad)用簡易ブラウザJunior、モバイル向けFirefoxブラウザなど、さまざまなプロジェクトを抱えている。

Thunderbirdに関するこの発表のタイミングは、ちょっとへんだ。ついこないだ新バージョンを発表し、大きなファイルの共有機能やメールアドレスの個人化など、新機能をMozillaは誇らしげに紹介したばかりではないか。しかし今後は、新機能よりもセキュリティと安定性を重視していくらしい。

Thunderbirdに関してMozillaが構想している統治モデルの詳細は、月曜日にここで発表される。並行してMozilla Foundationの理事長Mitchell Bakerのブログポストも発表されるだろう〔すでに発表〕。

しかしこの書状が言っているThunderbirdからほかのプロジェクトへの配置換えは突然のニュースではなく、すでに1月から始まっていた。今後、コミュニティによるボランティア的な取り組みが始まるのか、それはしばらく待ってみないと分からないだろう。

書状の全文を、以下に引用しよう(本物であることを本誌は確認した)。

[書状原文は英文ママ]

Hello Mozillians:

On Monday Mitchell Baker will be posting on the future of Thunderbird.

We’d like you to be aware of it before it goes public. However, this is *confidential* until the post is pushed live Monday afternoon PDT. Please don’t tweet, blog or discuss on public mailing lists before then.

In summary, we’ve been focusing efforts towards important web and mobile projects, such as B2G, while Thunderbird remains a pure desktop-only email client. We have come to the conclusion that continued innovation on Thunderbird is not the best use of our resources given our ambitious organizational goals. The most critical needs for the product are on-going security and stability for our 20+ million users.

However, Thunderbird is one of the very few truly free and open source multi-platform email applications available today and we want to defend these values. We’re not “stopping” Thunderbird, but proposing we adapt the Thunderbird release and governance model in a way that allows both ongoing security and stability maintenance, as well as community-driven innovation and development for the product. This will mean an eventual shift in how we staff Thunderbird at Mozilla Corporation – we are still working out details, but some people will likely end up on other Mozilla projects.

We are going to open this plan for public discussion to individuals and organizations interested in maintaining and advancing Thunderbird in the future on Monday. We are looking for your feedback, comments and suggestions to refine and adapt the plan in the best possible way throughout the summer so we can share a final plan of action in early September 2012.

If you have any questions prior to Monday please reach out to me [jb@mozilla.com] or Mitchell [mitchell@mozilla.org]. Again, this information is for Mozillians-only until Mitchell’s post goes live.

Regards,

Jb Piacentino
Thunderbird Managing Director

Additional information:

New release and governance model for Thunderbird will be available here concurrently to Mitchell’s post:

https://wiki.mozilla.org/Thunderbird/Proposal:_New_Release_and_Governance_Model

Info on Modules and Thunderbird owners:

https://wiki.mozilla.org/Modules

You’re receiving this email because you’re a registered Mozillian. We’ll send you timely and occasional organizational news and updates – meant just for Mozillians. If you do not wish to receive these updates, please unsubscribe here. Read the Mozilla Privacy Policy.

Mozilla
650 Castro Street, Suite 300
Mountain View, CA 94041-2021
(650)903-0800

アップデート: 早くもMitchell Bakerのブログ記事が今日(米国時間7/6)付で出た。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))