Playcraft Labs、HTML5開発ツールを公開。ゲーム以外の分野にも照準

次の記事

合衆国の20の博物館/美術館をGoogle Mapsのインドアマップに加える–施設が自力で加えることも

HTML5ゲームエンジン、Playcraft Labsが今日(米国時間7/10)正式公開された。このエンジンは5月以来静かにベータテストが行われてていた。ファウンダー・CEOのMartin Wellsは、16歳で最初のゲーム会社を立ち上げた人物で、Playcraftをゲームデザイナーのためのツールボックスだと説明する。特にゲーム開発の速度を加速したい人にお薦めだという。

Wellsは、自分がウェブゲームをデザインしようとした際に、プロ仕様のHTML5ツールが多くなかったことから、このアイディアを思いついた。

「多くの優れたエンジニアと同じように、自分のものは自分で作ることにした」と彼は語った。

HTML5を使うことを考えた理由はその柔軟性だとWellsは言う。彼は、HTML5が加速度的に改善されている」ことから、ウェブゲーム開発ではFlashの代わりに標準になると信じている。

「開発者がゲームの部品を作る際に、HTML5は非常に軽量でシンプルなのでゲームを動かしながらアップデートすることもできる」とWellsは説明する。

Wellsは、PlaycraftがImpactScirraなどのライバルに最大の差をつけているのは、開発者がゲームを作り、変更できる速さだという。Playcraftは彼がこれまで見た中でもっとも進んだエンジンであり、開発者はすでに配布されているゲームに変更を加えることができると彼は言う。最後に彼は、Playcraftにはアクセラレーターを組み込んであり、開発者はウェブゲーム用のコードをiOSまたはAndroidアプリとしてパッケージ化すれば、ネイティブアプリ並の速度で実行できることを指摘した。

基本サービスは無料で提供される。Playcraftは追加の有料サービスおよび提携による収益化を計画している。Wellsは収益化とHTML5に関してさらに大きな計画を持っていると語る。さまざまなゲーム以外の有力企業がPlaycraftを使って、それぞれのユーザーのために最高のHTML5体験を作るようになることをWellsは期待している。

「HTML5の分野はゲームだけでなく、もっと大きく広い分野で使われるようになるだろう」とWellsは言う。「市場機会はとてつもなく大きい」。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)