クラウドストレージ・ウォー:LogMeInのCubbyは紹介特典が1GB。Dropboxの2倍

次の記事

テレビ放送を単純にストリーミングするサービスAereoが既存放送業界との戦いでまず一勝

オンラインストレージ戦争は続く。昨日(米国時間7/12)Dropboxは料金据え置きで容量を2倍に増やす新料金プランを発表した。そして今日、新参のCubbyもユーザーの乗り換えを期待して変更を加える。同サービスはユーザーが友達を紹介する度に容量を1GB追加することにした。現在Dropboxが提供している500MBの倍だ。しかも友達を5人紹介すると追加容量が5GBから10GBに倍増する。

Cubbyと言われてもピンと来ない人(ご心配なく、あなただけではない)の為に書いておくと、これはLogMeInが最近開始したサービスで、この会社のことはおそらく、自宅と職場の間でファイルをリモートアクセスするためのソフトウェアを作ってた会社として覚えているかもしれない。消費者レベルのリモートアクセス・ソリューションの需要は、「クラウド」以前の日々には大きかったが、ウェブサービスがこの領域を奪い去ってからもう何年も過ぎた。Dropbox以外にも、MicrosoftのSkyDrive、Box、SugarSyncなど有名なところだけでも数多くある(どうか私にメールしないでほしい)。

特典は過去の紹介分にも遡る。そしてCubbyはベータ版の次のフェーズを今日公開する。最新のiOSアプリでは、Cubbyの中で他のアプリのファイルを開いたり、Cubbyから他のアプリへファイルを移動することができる。”cubbies”(フォルダーのこと)の共有も無制限になった(以前はベータ招待枠に数えられていた)。デスクトップのフォルダー用Cubbyアイコンも新しくなり、Cubby有効の状態がわかりやすくなった。

このサービスはまだクローズド・ベータ中だが、TechCrunch読者はここをクリックすれば5000人まで参加できる

さて、このニュースをライバルたちとの関係で見るとどうなるだろう。

  • Cubbyはベータテスト中は無料で、料金は未定。
  • Google Driveは5 GBまで無料。これは同期あるいはアップロードしたファイルが対象で、Google Docsに変換あるいはそこで作成したファイルは数えられない。追加ストレージはここで代える。25 GBが月額2.49ドル、100 GBなら月額4.99ドル。
  • Dropboxは2 GBまで無料。新料金プランでは100 GBが月額9.99ドル、200 GBが19.99ドル、500 GBが49.99ドル。
  • Boxのパーソナル版は5 GBまで無料、25 GBが月額9.99ドル、50 GBが19.99ドル。
  • SkyDrive7 GBまで無料。20 GBが年間10ドル、50 GBが25ドル、100 GBが50ドル。

しかし忘れてならないのは、クラウドストレージ戦争において問題は価格だけではないことだ。モバイルアプリの有無、使いやすさ、機能セット、共有、ファイルサイズ制限、等々のすべてが消費者の選択に影響を与える。しかし、中でもGoogleが最近iOS用Google Driveを公開したことによって、ライバルたちは否応なく一段上を目指すようになったことは注目に値する。これがDroboxの価格引き下げの要因となり、iOSアプリがあるだけでは長所にならなくなった。Cubbyが価格を決定する際自分をどこに位置づけるのか、そもそもこの分野に新規参入を受け入れる余裕があるのか、興味は尽きない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)