次世代iPhoneは日本製ディスプレイ採用でさらに薄くなる?

次の記事

世界最薄のスマートフォンで釘を打つ(ビデオ)

iphone-4

昨日(米国時間7/16)はiPhone 5のフロントカバーのリーク写真とされる画像が出回った。これにはFaceTime用のカメラ穴が中央に開けられていた。今日はWall Street JournalがAppleが新しいディスプレイを採用したと報じている。それによると、Appleは新しいディスプレイの供給ラインを確保ずみで、 これによって次世代iPhoneはより薄くなり、より美しい映像を表示できるようになるという。

記事によると、シャープ、ジャパン・ディスプレイ (東芝、日立、ソニーのディスプレイ子会社が統合したもの)、LG Displayが製造する新しいパネルにはイン・セル・テクノロジーという新技術が採用され、パネルをより薄くすることに成功しているという。

現在のiPhoneの(他のほとんどのモデルも同様だが)液晶ディスプレイは2層構造になっている。最初の層に画像を表示し、その上に薄いタッチセンサー層が配置されている。抵抗膜方式のタッチパネルはタッチセンサー層とディスプレイ層の間にある程度の空間を必要とする。これは指などの圧力によってタッチパネルがたわんで下の層に接触することによって位置を検出する仕組みのためだ。静電容量方式の場合は、人体のような電導性物体がセンサーに近づくことによって起きる静電容量の変化を検知する仕組みのため、パネル間の隙間は抵抗膜方式ほどは必要としない。

それでもこの独立のタッチセンサーパネルを廃止することができれば(厚みは0.5mmほどらしい)、その分だけ本体内の空間を増やせることは間違いない。

この報道が事実なら、次世代iPhoneは今より薄くなるか、あるいは浮いた分の空間を何か有用な目的のために使えるだろう。私としては少しでもいいからバッテリーの容量を拡大して欲しいと願っている。Siri がもっと利口に、地図がApple独自の3DになったiOS 6では電力消費量も増えることは間違いない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+