Google、動画のプライバシーを強化―ワンクリックでYouTubeビデオ中のすべての顔にモザイクをかけられる

次の記事

新iPhoneは背が高くてコネクタは小さい―中国では多種類のケースが先行販売中

youtube_tube_blurred

今日(米国時間7/18)、YouTubeは ユーザーが動画中のすべての人物の顔にワンクリックでモザイクをかけられるという新機能をリリースした

YouTubeのサービス約款担当者Amanda Conway は今日のブログ記事で、その両方について説明している。たとえば、社会的な抗議活動などで参加者を危険にさらすことなくビデオを共有することができる。

今日ではYouTubeがマスメディアの重要な情報源になっているので、さまざまな形で拡散された場合の悪影響の防止策を設けることは必須だ。また顔を特定されないようにして子供のビデオを共有することもできるようになる。Conwayは「この視覚上の匿名性が確保されたことで、今までであれば公開がためらわれた動画も広く共有されるようになるだろう」と述べた。

この新機能はYouTubeのビデオ・エンハンスメント・ツールの一つとしてリリースされたが、Googleでは「常に完璧に作動するわけではない」と認めている。これは開発途上のテクノロジーで、撮影の角度、照明、ブレ、障害物などの状況によっては顔認識がうまく作動しないこともある。 そのため、一部の顔にモザイクがかからないことがあり得る。そうした場合には一般公開しないようYouTubeでは勧めている。このツールに用いられているのはおそらくGoogleのStreetViewで通行人の顔にモザイクをかけるのに使われているのと同じテクノロジーだろう。われわれはGoogleにこの点の確認を求めているところだ。

現在このツールは全部の顔にモザイクをかけることしかできない。モザイクをかけるべき顔をユーザーが指定することはできないようになっている。しかしこの機能は被写体に迷惑をかけずにビデオを共有したい場合にきわめて便利だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+