クラウドはお笑いネタになるだろうか?–The OnionのHP Cloudなど5作品を見てみよう

次の記事

デベロッパの大多数が企業向け開発ではiOSと答える–Appcelerator/Titanumの調査より

the-onion-logo

どうしてクラウドは、お笑いにしにくいのだろうか?

もちろん、やってみた人がまだ少ないわけではない。YouTubeでちょっと検索してみれば、そのことは分かる。クラウドに関する“笑える”歌なんか、いくつでもある。Joni MitchellからVanilla Iceに至るまでのあらゆるものを、元歌に使っている(“Ice, Ice Baby”変じて“Cloud, Cloud Maybe”なんてのもある。おとろしいね)。結論は: クラウド+アマチュアコメディアン=誰もがしらける、だ。

幸いにも、ついにパロディサイトThe Onionが、クラウドをお笑いネタにすることに挑戦した。やはり長年のお笑いのプロがやると、クラウドのお笑い化もまあまあの結果になったようだ。

でも、雲の上に一人で立つと、お笑い以外の意味も持つようだ。つまり、サーバやエラスティシティに関する、CS学位のない人でも理解できるジョークは、誰でも作れるからたくさんありすぎるということ。企業そのものを仮想化するだって?、ばかばかしすぎるよ。

でも、過去にも、比較的まともなのはあったんだ。

MicrosoftがVMwareを茶化しているこれは笑えるけど、まあOnionクラスではないね。ここに登場するTadという男は、VMlimitedという会社の営業だ。

そして次のビデオのお題は“The Cloud Consultant”(クラウド・コンサルタント)だ。彼は自称コンサルタントにすぎないが、友だちがソーシャルメディアのエキスパートばかりなのだ。

次は、セキュリティを勉強しているヒットラー。でも、ヒットラーネタは今やYouTube上に多すぎる。よっぽどのケッサクでないと、目立たないね。

そして言うまでもないことだが、クラウドの宣伝ビデオはどれもこれもひどいから、そのばつの悪さだけで十分に笑えるよね。笑える、というより、笑ってしまうよね。

Microsoftの“To the Cloud”キャンペーンなんか、このジャンルのトップ作品だな:

Onionの、クラウドをパロった作品は、まだそんなにたくさんはないね。つまりクラウドは、Onionにとってもやりにくいテーマなんだろう。おもしろみを、見つけにくいんだよ。

というより、まだクラウドそのものに、魅力と輝きが足りないのかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))