ニュース

Apple、iCloudのユーザー数は1.5億人に

次の記事

Apple、第3四半期の業績を発表―iPhoneは2600万台、iPadは1700万台、Macが400万台、iPodが680万台

今日(米国時間7/24)、Appleの第3四半期業績報告でCFO Peter Oppenheimerは、iCloudのユーザー数が1億5000万人に達したと発表した。4月に前回の四半期報告で発表した時は1億2500万人だった。

Appleが今年の年次デベロッパーカンファレンスで発表したように、iCloudは明日公開予定のOS X最新バージョン、Mountain Lionと密に連携している。Appleはこの四半期にiPhoneを2600万台、iPadを1700万台販売しており、これもiCloudのユーザー数増加に貢献したことは確かだが、iCloudユーザー数の伸びが、iPhone、iPadエコシステム全体の成長と比べて遅れをとっていることは明白だ。

このほか同社は、iTunes(音楽、映画、テレビ番組、アプリ)から18億ドルの収益を上げたことを発表した。3カ月前の業績報告でApple CFOのOppenheimerは、当時iTunesでは2800万曲の音楽と4万5000本の映画を利用できると報告した。今日これらの数字に関する最新情報の発表はなかった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)