GoogleのCloud Platformがパートナーを揃えて企業IT攻略に本腰

次の記事

もうすぐ(たぶん)、自分の全過去ツイートが読めるようになる

largeNewGoogleLogoFinalFlat-a

Googleが新たに築いたクラウドパートナーたちの顔ぶれを見ると、同社が伝統的な企業ITにこれから注力していくらしい、と分かる。

Googleの今日(米国時間7/24)のブログ記事には、パートナーたちのリストを指すリンクまである。

短いリストだが、まずその中のサービスプロバイダ企業は、Googleのクラウド製品群の総称であるGoogle Platformに関するコンサルティングサービスを提供する。個別の製品は、Google Compute Engine、Google App Engine、Google Cloud Storage、Google Big Queryとその予測/翻訳APIなどだ。

技術系のパートナーはGoogle Platformとの統合や、またそのサービスの一部を利用した独自プロダクトを提供する。

Googleは、顧客企業におけるレガシーソリューションからのマイグレーションを促進するために、パートナー事業を活用していく。

Googleのブログ記事から引用すると:

たとえば、弊社パートナーの一社であるOrangescape Technologiesは、Google App Engineを組み込んだプラットホームにより、ヨーロッパ最大のビスケットやスナックメーカーUnited Biscuitsの、Lotus Notesによるレガシーアプリケーションをクラウドに移行させている。

まあLotus Notesなんか、いいかもだね。でも仕事としては楽なほうだ。Lotusからのマイグレーションは、すでにかなり前からあちこちで行われている。

なぜかこのブログ記事では、技術系のパートナーを詳説していない。Orangescapeと、パートナーたちが利用できるGoogleのコアプロダクトには言及している。しかしそのほかのパートナーは、個別の言及がない。

以下の画像は、パートナーのリストの再掲だ:

Googleのパートナー事業は、まだ始まったばかりだ。Amazon Web Servicesのパートナー事業などと比べると、その未熟ぶりがよく分かる。Amazon Web Servicesのパートナーは4つのカテゴリーに分類され、それぞれ顧客のための多様なリソースを潤沢に抱えている。

でも今は、クラウドそのものが成熟前期にある。だからGoogleのスタートも、遅すぎるということはない。Googleはすでに、Google Appsのパートナー事業では成功しており、そのアプリストアの開発支援に利用している。Googleのクラウドプラットホームのパートナー事業は、その正当な後続事業だろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))