Facebookページで10万の「いいね!」を獲得する方法

次の記事

ポール・グレアム、「Y/Combinator出身スタートアップが調達した資金総額は10億ドル以上」とツイート

manwoman編集註James Altucherは投資家、プログラマー、作家そして起業家である。Formula Capitalの専務取締役ですでに10冊の著書があり、最近では『 I Was Blind But Now I See』や『40 Alternatives to College』がある。Twitterでのフォローは、@jaltucherへ。

私は自分のブログ用のFacebookページでファンを10万人にまで増やしたかった。売り込みたい製品があるわけではない。だから、ブログのために広告業者を雇うつもりはない。自分のブログのために講演会を行うつもりもない。でも、ブログで発信するメッセージには価値があると信じているし、ブログに読者がいるとうれしい。だから、読者を増やしたかったのである。

私たちは「自分自身で選択する」時代に入った。大メディア企業が天からやって来て、コラム、本の前払い金、テレビ番組、仕事、キャリア、お金、顧客を授けてくれるのを待つ必要はないのである。2008年、潮目が変わり金融システムは崩壊した。その時、企業が安全だという神話は私たちが幼かった頃から受けていた洗脳の良い見本だったことを思い知らされた。

[参照: “Self-publishing your own book is the new business card“]

あなたのブランド、アイデア、製品、メッセージの真価を広めたいのであれば、自分のためのプラットフォームを作り、そのプラットフォームを全メディアに広げ、各メディアごとに管理する必要がある。ただFacebookにブログのリンクを投稿したり、Twitterでブログ更新のツイートをすることはしない。あなたのメッセージは全てのネットメディアに拡散されるべきであり、それぞれのメディアはそれ自身のチャンネルとして扱うべきなのだ。メッセージはその特定のチャンネルで最もインパクトを持つようにフォーマット、デザイン、そして練り上げられねばならない。

それぞれのメディアで次のように問いかける必要がある:なぜこのメディアを選んだのか? Facebookにとってその答えは明白だが、Facebookはそれまでのメディアとは非常に異なっているので、ほとんどの人はその答えについて考えたことはない。一般的に言って、もし、あなたのことを全然知らなくてもいいから「いいね!」と言ってくれるファン(または顧客)が欲しければ、お金を払ってファンを確保しなければならない。

しかし、(Twitter以外の)他のメディアとは対照的にFacebookでは一度お金を払えば、その後永遠に無料でファンにマーケティングできるのである。たとえばテレビだとそうはいかない。バドワイザーは、毎年400万ドルを費やし、固定のファンに宣伝している。しかしFacebook上では、一度ファンになるとすべての投稿が少なくとも3時間以内に彼らのニュースフィードに流れる。わずかな時間でもっと効果が上がるのである。

そこで、私がファンを獲得するのに行ったことは次の通りである。プロセスを3つのステップに分けた。下の表には、私が活動した月のFacebookのファンの伸びが示されている。

10万人のファンを獲得するのに、基本的に30日かかった。実験のために、非常に人気が高い私の妻のヨガのブログですこし控えめなアプローチをしたところ、数週間でファンが0から3万7,000まで増えた。ファンの間ではいつでも何かしら出入りがあるのだが、実はあなたが想像するよりもその数はずっと少ない。人々が「いいね!」から「好きでない」に変えることは、あまりないのだ。

1)世界中の人々は、私がだれであるかまったく知らない(これは私にとって受け入れ難いことではあるが事実である)。ブログに多くの読者がいたとしても、必ずしも私が望む人々ばかりではないだろう。だから、私のことを知らない人を新しく獲得したかったのである。

それで、FanNewsCast.comを使って、Facebookページに次のようなタブを設定した(下の画像を見てほしい)。

これは私のFacebookページが(この地球上にいる70億人のほとんどが気にかけていない)私自身のブログについての発信元となったばかりではなく、その時、「イノベーション」、「インスピレーション」、「健康的なライフスタイル」、「起業家的精神」に関連する人気のストーリーの情報源となった。 それから私に興味がなくても、ファンは私のページが気に入っていつでも興味があるトピックの一番人気のストーリーを見るために戻ってくるのである。そして、FanNewsCastはこれらトピックに興味がある人に向けた広告を制作できた。そこから私はこういった人たちがjamesaltucher.comからの投稿も好きである高い可能性があることを知ることになる。

そしてFanNewsCastは、すでに私のブログに繋がっている人の友だちに向けたターゲット広告を用意することになる、だが、これは特に私のブログに繋がっている人ではない。私はFanNewsCastを私の広告の管理者にし、そして彼らは広告を作った。必然的に、私のブログのファンの友だちに広告が届くのである。それは何百万人もの人々に向けた広告であることを示している。広告はインスピレーションや起業家精神などの一番人気のストーリーを含むタブページに意識を向かせる。なぜなら、人々がこれらストーリーに興味があることを広告は知っているからである。これら広告は、私が雇った代理店(下記3番を参照)と一緒に機能し、一日に3回、私が確保している素材から一番適したストーリーをページにアップデートするために貢献している。

友だちの友だちの一人ひとりが、すでに私のブログと繋がっているXYZさんのところで、”XYZさんがJames Altucherのブログについて「いいね!」と言っています”を見ることになる。これはどこかデートと似ている。もしも女性と会う前であっても、その女性の友だちがあなたのことを認めてくれていれば、大きな障害を克服したも同然である。全く同じ原理なのだ。これら広告はそのほとんどがCPCの広告だった。

この方法でまず5万人のファンを獲得した。最終的に1クリックあたり7セント支払うだけで済んだ(友だちの友だちの友だちは、自分の友だちが私のFacebookページを気に入っているのを分かり始めてくる。つまり彼らが私のページをいいね!してくれることは、場合によっては100%のリターンよりも得るものは大きい)。

2)次にOptim.alという会社を使った。 この会社も私のためにいくつかのことをしてくれた:

– 彼らはモバイルユーザー獲得のためにモバイル向け広告キャンペーンを設定してくれた。クリックスルー率はいくつかの広告において90パーセントもの高い率を達成した。モバイルユーザー向けの広告はより効果的だ。彼らは(高いクリックスルー率の)iPhoneユーザー層とAndroidユーザー層とのデータの違いも見つけ、 もっと効果的にこれらユーザーをターゲットとした広告を最適化することができた(“効果的”とは“より安く”そして“より迅速に”という意味だ)。

– 私はクリックごとの単価をもっと引き下げたかった。そしてスピードももっと欲しかった。Optim.alは一般に広告の中のどんなコピーが人々にクリックさせるか、「いいね!」を押させるかを決めてくれる。なので、彼らはそのコピーを用いて広告キャンペーンを組み立て始めた。そして多くのことをテストしてくれた:たとえば、コピーを広告の前に置いたり、あるいは広告の後ろに置いたり、ページの特定の投稿にリンクさせたり、ページ全体にリンクさせたり、広告の中に異なる画像を置いて実験したりするといったようにだ。また、広告をCPCからCPMに変更することによってコストダウンもしてくれた、それはCPM広告にクリックするタイプの人々に特にカスタマイズしてターゲットを絞ることによってだ。

それぞれの広告キャンペーンには、彼らがテストする4つないし5つの別々の要素があり、日替わりで新しいキャンペーンをスタートさせた。数時間かけて、ゆっくりとそしてより単価の高いクリックスルーで広告を終了させて、効果が上がっていた広告で予算に到達するまで行った。10万人に到達するまでの最後の数日では、1日当たり1万人のファンを増やすのに、おそらく1つの「いいね!」につき3セントか4セントほどのコストがかかった。

– そしてその後、もっと地域にターゲットを絞ることになったので、私は特定の都市からファンを集めだした。 例えばニューヨーク市。Optim.alは、それぞれの都市で一番効率の良いアプローチ方法を考えた。特定の都市にターゲットを絞ることは費用がかかるのだが、最初の目標を達成したこともあり、私は時間をかけてどのアプローチが一番効果があるのか実験して確かめることにした。

一般論だが、英語が分かる人には私は受け入れられていた。理由のひとつは、私が製品を売っているわけではなく、自分のある特定のメッセージやアイデアに価値を置いて、その考えを聞いてくれる人に届けることが目的だったことにある。結局のところ、恐らくこのプロセスの間に私のページの「いいね!」を取り消した(unlike my pageした)人は0.1パーセントよりも少なかったということだ (私は最初、unlike meと書いてしまった。 これは、フロイト的失言である。あるいは現実の私とは反対の私のソーシャルメディア上のペルソナである存在にあまりにも深く結びつき同一化しているのである)。

3)これらすべての作業は膨大なメンテナンスを必要とする。私はブログを書くことに専念したいので、いくつかの段階でメンテナンスでの助けを必要としていた。それで日々のメンテナンスのためにTheSocialPag.esを雇った。彼らが行ったことは以下の通りである:

– 日々のページのコンテンツ管理。このために、私のブログからぴったりの引用を見つけ、画像にその引用を当てはめて、理想的な時間帯にそれらを投稿してくれる人を必要としていた。理想的な時間帯とはFanNewsCastとoptim.alの両者が私のページにおいて調査した、写真に対する「いいね!」を最も獲得するのに最適の時間帯だ。 一例を挙げると、右下の画像は非常に多くのPTAT( People Talking About This : Facebookの用語で「話題にしている人」)を獲得した:


[画像が引用されている投稿の「How Kissing Ruined My Life」を参照]

なぜ、ブログへのリンクに画像を用いるのか? ひとつは、Facebookページそのものを、ブログの単なる延長ではなく、私のことを知るチャネルにしたかったからだ。もう一つの理由は、「エッジランク」のスコアを良くしたかったからだ。ユーザーのページに何を登場させるか決める際、Facebookが画像、テキスト、リンクという順番で好むという傾向があるからだ。人々にサイトを去って欲しくないからという理由で、リンクは最後にくる。だから、可能な限り多くの人に私の「ストーリー」を「話題に(コメント、いいね、シェア)」してもらうことで、注目されたかったのである。すると私のエッジランクはさらに高くなった。好循環にのったのである。

TheSocialPag.esが行った多くのことも、A/Bテストと関係していた。画像かテキストか、どちらを投稿する方が良いのか? テキストを伴った画像か、それとももっとアートな画像か? 一日のうちで、どの時間帯かなど。TheSocialPag.esは、FanNewsCastやoptim.alと緊密に協力して、これらの疑問をすべて明らかにしてくれた。また彼らは私がMailchimpを活用できるように、メールでの購読サービスを設定してくれた。 再び、私は他のチャネルとの連携にもファンページを活用し始めた。Facebookページにメール購読サービスのサインアップを促す画像を投稿した結果、すぐさま数千のサインアップが行われた。主にアメリカからだったが、私の「ファン」の多くがどこからアクセスしているのかにかかわらず、オファーに反応してくれる質の高いユーザーだとわかった。

(上の画像はここにリンクされているのだが、大成功だったことを証明した)

それから、TheSocialPag.esはブログの全画像を私のPinterestのボードにピンしてくれた。また、私のTwitterでの質問のやりとりを見て、それを元にQuoraで質問の回答をした。 そうして再び、すべてのチャネルを更新してくれた。ブログの技術面でのメンテナンスも、私のブログのホストであるStocktwitsと一緒に彼らに託した。

「Facebookも結局、Myspaceのように死んでしまうに違いない」と言う人は、Facebookのことを理解できていないし、Facebookはもう戻ることがない転換点より、すでに遥か先に進んでいることが分かっていない。Facebookは、主流であった従来のメディアの膨大な広告予算を吸い上げる洗練されたミニインターネットなのである。

10億人のユーザーと増え続けるユーザーは、「成熟し尽くした。 後はゆっくりと下降線をたどるだろう」と言っている。

(多くの反応を得た、Facebookに連続して投稿された異なる2つの投稿)

(上の左画像から)次のブログを参照: 「25 Ways to Make a Trillion Dollars」)

しかし私のブログに似た例は、それがうまくいかないことを示している。

– あらゆる会社が企業ブランドのファンを獲得するために、これまで述べた戦略と似た戦略を行っているから。

– 多くのブロガーがこれまで説明した戦略を採用するから。 どうするか? 自分自身のペースと予算を守って行うことだ。事実、もし「自分自身で選択する」時代の一部として生きたいのであれば、そうせざるを得ないだろう。なぜアマゾンで自費出版すべきなのか、Google+やTwitter、中国のWeiboにも参加すべきなのか、すべて理由は似ている(中国のWeiboにはインターンをひとり置いて、私の「存在」を維持したり、雇用を行うために力を借りている)。あなたがあなた自身を選ぶまでは、誰もあなたを選ぼうとはしないのである。

– Facebookは、新しい広告の方法を継続して展開するだろう。かなり新しい形態であるが、モバイル向けのみならず、もっと個々の投稿をプロモートすることが可能だ。あなたがFacebookページに投稿すると、ファンの平均16パーセントにリーチする。これは通常のケースである。しかし、10ドルから50ドルといった低予算であってもそれを使えば、あなたの投稿が75パーセントあるいはそれ以上のファンにリーチできることがわかる。私はひとつの投稿を「シェア」のおかげで、100万人にリーチさせることができた。上の画像にある2つの投稿は、別々にプロモートした。これは10万人以下のファンがいるページに当てはまる。しかし一度10万人のファンを獲得すれば、同じような予算であっても他のテクニックを選べる。

しかし、私は自分のページでできることを、まだ知り尽くしてはいない。まるで1955年当時のテレビのようである。すべての世界が私の目の前に開かれている。わずか200ドルの低予算の広告料で、(私の広告がターゲットとしている)7億人もの人々に向けた広告が可能な媒体がほかにあるだろうか? 最終的に過去1カ月の広告の全予算は、約6,000ドルになった。メンテナンスのためにはおそらく2,000ドル以上かかっている。この広告予算には、個人的な投稿をプロモートした時にかかった費用、それ以上ファンを増やす必要はないが、エンゲージメントを増やすためにかかった費用も含まれている。このFacebookページを足がかりにして、今、飛び立てるような気がする。

そして、もちろん、最終結果はご覧の通りだ:

[原文へ]