Zynga、Q2業績でアナリスト予測を下回る。売上3.32億ドル、通期予測を下方修正

次の記事

Facebookページで10万の「いいね!」を獲得する方法

Zyngaは先程発表した業績報告で、元々低かったアナリスト予測を達成できなかった。売上3.32億ドル、損失は2280万ドル、1株当たり3セント(GAAP基準による)だった。アナリストは同社が売上3.44億ドル、1株当たり5セントの利益を上げると予想していた。

Zyngaによると現在の日間アクティブユーザー数は7200万人で前四半期の5900万人から増加、月間アクティブユーザー数は3.02億人で前年比12%増だったが、前四半期からは約9%減と低下が続いている。

同社はさらに、「新ゲーム投入の遅れ、Facebookウェブプラットフォームでの環境がより厳しくなったことなどによる既存ウェブゲームの早期低迷、およびDraw Somethingへの期待の縮小」を踏まえて通期予測を下方修正すると言った。現在同社は今年のブッキング(バーチャル通貨売上)を11.5~12.25億ドルと予測している。

業績報告プレスリリースでCEOのMark Pincusはこう言っている。

当社はこの四半期でいくつか重要なマイルストーンを達成した。新しくスタートしたBubble SafariはFacebookのアーケードゲームのナンバーワンになり、同じくThe VilleはZynga Pokerに続くナンバー2のゲームだ。当社の広告ビジネスも大きく成長し、前年比170%増の売上を記録した。ゲームの参加者数も、月間アクティブユーザー数3億人以上という新記録を達成した。モバイル部門はこの一年間で5倍に伸びて日間アクティブユーザー数3300万となり、Zyngaを最大のモバイルゲームネットワークへと押し上げた。しかし短期的課題にも直面した結果、ブッキングは連続して低下した。それでもわれわれは、モバイルの長期的成長に関して楽観的であり、そこには当社をウェブで成功へと導いたのと同じ種類のソーシャルゲーム革命を引き起こすチャンスがあると考えている。

これはZyngaの公開企業としてまだ3回目の業績報告だ。前四半期、同社は予測を上回り、売上3.21億ドル、損失は1株当たり12セントだった(GAAP基準による)。

また最近同社は、Zynga With Friendsを発表した。これは同社だけでなく他のデベロッパー製ゲームのためのクロスプラットフォーム「ソーシャル・ロビー」だ。もし成功すれば、ソーシャルゲームの巨人がFacebookに依存し過ぎているという批評家たちの懸念を払拭できるかもしれない。

太平洋時刻午後2:14現在、時間外取引でのZynga株価は37%ダウンの3.18ドル。アナリスト向けの会見は本日午後2時から予定されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)