Parseが作ったオープンソースのInstagramクローンAnypicはわずか30分で完成

次の記事

Stippleが画像へのタグ付けを一般消費者に開放–まるでタグでつながるソーシャルネットワークだ

Screen Shot 2012-07-26 at 9.02.50 AM

5000万のユーザに対応できるモバイルの写真共有アプリを作るまでに、Instagramは相当な時間をかけたはずだ。そしてその努力が認められたからこそ、今年の初めにFacebookが10億ドルで買ったのだ。しかし、昨年の夏Y CombinatorからロンチしたモバイルアプリデベロッパのためのバックエンドサービスParseによると、これからはそんなサービスに多くの時間とお金をかける必要はない。Parseのツールを使えば本格的にスケーラブルなモバイルアプリを、もっと楽に早く作れる。

そのことを証明するためにParseは、Anypicを作った。

Parseの連中によれば、Anypicは30分で完成した。このアプリは今、WebとApple App Storeで入手できるが、彼らに言わせると、機能はInstagramとほぼ同じだ。Parseは、このアプリのあらゆる部分をオープンソース化し、また構築方法のチュートリアルも提供している。Parseによると、すでに何人かのデベロッパがAnypicをフォークして独自のおもしろい写真共有関連アプリを作っている。

Anypicは、Parseのツールはこんなに便利だよ、ということを示すための概念実証作品だ。Instagramを王座から追い出すものではない。しかし、それでもかなりクールだ。

Parseの協同ファウンダでCEOのTikhon BernstamがTechCrunch TVに来て、Anypicのデモを見せてくれた。なお、Parseのサービスをバックエンドとして使っているアプリはおよそ25000あるそうだ。ユーザのデベロッパは、個人のデベロッパもいれば、HipmunkやExecのようなリッパな企業もある。では、彼の話とAnypicのデモを下のビデオでご覧いただこう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))