Tokova
soulja boy

アーチストがプロモーションのために自己ブランドのタブレットを発売

次の記事

アダルト玩具の詰め合わせを毎月送ってくるBoink Box–その“サプライズ”は売れるかな?

20120727-202629

朝起きたらまず、ぼくのタブレットをかけよう。‘かける’?

ラッパーのSoulja Boyが、自己ブランドのタブレットをTokovaから発売した。その名は“Tiger Shark Soulja Boy Edition”だ。画面は7インチ、OSはAndroid、そしてアプリはヒット曲“Speakers Go Hammer”だ。

ここでちょっと、自問自答してみよう。タブレットは、Soulja Boyがデザインしたのを買うか、それともSteve Jobsのを買うか? 難しい選択だ。

幸いにもSoulja Boy Editionは、599ドルという買いやすいお値段だ。32GBでWiFiのiPadと、たまたま同じ。

こんなものを買う人の頭の中は一体どうなってるのか、ぜひ知りたいね。もう、買った人いる?

Tokovaの戦略会議では、こいつのおかげで何がボツになったのか? テキストが来たら“Beez in the Trap”と叫ぶNicki Minajスマートフォンかな?

〔訳注: 最初のパラグラフの‘かける’は、音楽をかけるのかけるです。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))