テレビの受信をディスラプトするAereoが新料金体系を発表–お試し用の無料プランあり

次の記事

LinkedIn CEOのJeff Weinerがパスワード盗難事件について:メンバー数は1.74億人、悪影響は出ていない

Aereo Pricing Plan Grid (Final Hi Res)

7月に法廷で小さな勝利を獲得したニューヨークのAereoが今日(米国時間8/2)、新しい料金体系を発表し、また、これまでの招待制のみという展開を終わらせた。

一般消費者がテレビ放送を自分用の‘インターネットアンテナ’を使って見られるこのサービス(Aeroは消費者が自由に選ぶテレビ受信用アンテナの一種にすぎないと主張)は、今のところニューヨーク市のみが供用区域だが、新しい料金体系では、有料が4種、完全無料が1種となる(上表)。ちなみに無料プランは視聴時間が1日に1時間でDVR機能なしだ。1日プランは1ドルで24時間視聴できる。そのほかの月額〜年額プランは8ドル、12ドル、80ドルとなっている。

Aereoは現在、ニューヨーク市の28の‘チャンネル’に対応している。それらはABC、CBS、NBC、FOX、Telemundoなどだ。サポートしているデバイスはAppleTVとRokuとiPhone/iPad/Mac上のSafariだ。PCとAndroidは、今夏の終わりごろを予定。供用区域の拡大については、まだ発表がない。

〔訳注: アメリカでは多くの家庭がケーブルテレビでテレビ放送を視聴している。Aeroのようなサービスを使うと、日本のような、放送電波受信可能区域が一挙に拡大し、ケーブルテレビ業界が干上がる。もちろん、消費者にとっては有利である。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))