ライセンス期限切れを機にYouTubeアプリはiOSから削除

次の記事

LINEのホームとタイムライン機能がiPhoneに先行してAndroidアプリに登場

sadtube

AppleのモバイルOSはゆっくりとだが着実にGoogleの影響を振り払おうとしている。AppleはiOS 6に搭載されるデフォールトのマップ・アプリを独自のものに置き換えた。Googleのコンテンツを使わないという方針はさらに拡大されるようだ。

最新のiOS 6のベータ版(ベータ#4)には最初のiPhone以来、iOSのホームスクリーンに目立つ場所を占めてきたYouTubeアプリが含まれていない。といって落胆するには及ばない。Googleは独自のiOS向けYouTubeアプリをiOSのAppStoreにリリースするだろうとAppleは言っている。

この動きの背後にある事情ははっきりしない。Appleの幹部に取材しても( The Vergeによれば)返ってきた答えは予想どおりのそっけないものだった。

YouTubeをiOSに含めるためのライセンスの期限が切れためだ。ユーザーはYouTubeを訪問する場合、SafariブラウザあるいはGoogleが近くAppStoreに登録するはずの専用アプリを使うことができる。

こんな短い回答では謎はかえって深まる。AppleはYouTubeをiOSに今後も含めるためにGoogleとライセンスの延長の交渉をしたのか、しなかったのか? どちらかが明確に拒絶したのか?

今のところこれ以上の情報はない。この数年でYouTubeのモバイル・サイトは飛躍的に改善されたので、iOS 6からデフォールトのアプリが消えても多くのユーザーには特に問題はないだろう。それどころか従来のApple版のYouTubeのアプリに比べてGoogle自身のAndroid版YouTubeアプリは何光年も進んでいる。Googleが自由に改良できるようになって画質のトグルやスムーズなキャッシングなどいくつかの改良がなされただけでも現在のiOS版よりずっと使い勝手がよくなるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+