Fab、2012年売上の20%がヨーロッパ発のものとなると予測

次の記事

Facebook、モバイルに初めて「非ソーシャル」広告を導入―アプリの広告をニュースフィードに表示開始

Fabデザインアイテム販売サイトのFab.comが、ヨーロッパにおける拡大戦略についての具体的数値および将来的な目標などをアナウンスした。Fabによれば、EU諸国内におけるサービス提供国は24ヵ国にのぼるのだそうだ。そして7ヶ月で会員数が60,000から140万に伸びたのだそうだ。ヨーロッパにて2013年には1億ドルビジネスに成長する見通しを持っているとのこと。今年についてもFab全体の売上のうち、20%がヨーロッパからのものになると予測している。

また、ヨーロッパでの組織拡大に尽力していたMaria MollandがChief European Officerの任に就くとのことだ。

MollanはFabに入るまではThomson Reutersの2つの子会社であるLipperおよびDigital VenturesにてGlobal Managing Directorとして働いていた。その前はDow Jonesの子会社であるMarketwatchおよびBarron’s OnlineにてGeneral Managerの任にあった。FabのCEOであるJason GoldbergによるとMollanはベルリンオフィスで働くことになるという。現在の人員は105名だが、年末までには150名体制にまで拡大する予定なのだそうだ。

ヨーロッパにおける好調具合は、アメリカにおけるのと同様にリピーターに支えられている面が大きい。アメリカでは日々の売上のうち67%がリピーターによるものだそうだ。ヨーロッパにても、ウィークリー単位でみたとき、50%がリピーターによるものとなっているらしい。Mollandにとって、まずこのリピーターの数値をアメリカ並みにもっていくことが直近の職務となる。

ちなみにFabの成長の一因は買収に起因する面もある。2月にはドイツのフラッシュセールスサイトであるCasacandaを1100万ドルで買収している。また6月にはイギリスのデザインストアであるLlustreを取得している。そうした動きを経て、今はイギリスがFabのヨーロッパセールスの10%近くを担うようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)