iOS 6シミュレータがiPhone 5の画面解像度の噂に真実味を与える

次の記事

新学期にこんなガジェットはいかが? 安くて実用的な5製品

9to5ios6tallersim1

やれやれ。“新型iPhoneは画面の背が高い”騒動でまだ物足りない人たちのために、今度は9to5Macが、iOS 6シミュレータで遊んでいたらとってもおもしろいことを発見した、と報告している。

詳しい説明はここにあるが、簡単に言うと、シミュレータの画面解像度を1136 x 640にすると、iOS 6はホーム画面上のアプリをきれいに5列に並べるのだ。それは、これまでの数か月間、このiPhone噂製造工場で指摘されていたとおりの、ホーム画面のレイアウトだ。

言うまでもないことだが、同じことをiOS 5.1でやってもそうはならない。アプリのアイコンは4列のままだ。ただし、アイコン間のスペースは広くなるが。しかもiOS 6シミュレータで1136 x 640以外の解像度(標準の 960 x 640)にすると、iPadふうの奇妙なバランスのレイアウトになる。

それは決定的な証拠ではない(Gizmodoでプロトタイプでも見つけたほうがマシ)が、確実性はかなり高い。iPhoneの画面高が高くなるという噂はもう何百年も前から流れているような気がするが、解像度そのものも、5月に当の9to5mac流した噂なのだ。だから読者は、どこかで聞いた/読んだような気がする、と思ったはず。

当時9to5macは(その他大勢と共に)、その4インチ画面の画素数をそう報告していた。そのころから最終第四コーナーを回ったと思われるiPhone噂レースは、ほとんど渋滞状態だった。そのビッグな披露宴は今から一か月後だが、こういうおもしろ話そのものもラストスパート、もうすぐそれらの命も終わるのだから。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))