リッチな若者の集うところ、ブランドにとっての魅力もあり ― それはすなわちInstagram ?!

次の記事

Googleのセマンティック検索、Knowledge Graphが明日全世界に拡大―検索ボックスの自動補完にも利用(当面英語のみ)

rolexinstagramRich Kids Of Instagramというサイトはご存じだろうか。世界中の若い大金持ちのInstagram写真をまとめたTumblrブログだ。Instagramというのは、もちろん写真投稿用モバイルサービスとして大いなる人気を誇るものだ。中でも(ちょっとした)「贅沢」を魅力的に投稿した写真に注目が集まることが多い。たとえばカプチーノ、かわいらしいデザートブランドシューズカクテル、エキゾチックな場所などといったものが人気だ。こうした「贅沢」を楽しむ場所としてもInstagramは機能しているというわけだ。

と、そういうわけでInstagramには次々と世界的なブランドが参入している。この点に着目してSimply Measuredが行った調査が、なかなか面白い。インターブランド100のうち40%がInstagramに参入しているとの結果が出ている。とくに「リッチな若者」を相手にするところがInstagramとの親和性を高く評価している様子だ。そうしたカテゴリに入るブランドとして、Burberry、Tiffany & Co、Hermès、Gucci、そしてArmaniなどの名をあげることができるだろう。

ブランドの活動については、次のように表にまとめられている。

InstagramはTwitterやFacebookと比べると、まだまだそのレベルには達していない。その2つについて言えば、インターブランド100の90%がサービスを利用しているそうなのだ。しかしモバイルオンリーで、かつ誕生から2年ほどのサービスとしては決して悪くない数値と言える。

各ブランドが好んで利用するフィルタをチェックしてみるのも面白い。Earlybirdの人気はあまり高くないようだ。

Instagramが今後、FacebookやTwitterが行ってきたように、ブランドに対するサービスの拡大を行っていくのかどうかも興味深いところだ。Facebookによる買収にともなう混乱がおさまり、サービス統合を行っていく段階になれば、Instagramとブランドの親和性を高め、モバイルを活用した収益化の方策として進化していくことも十分にあり得る話だ。そうした面でのマネタイズを考えたとしても、既存利用者の利便性を阻害したりしないのもInstagramサービスの強みだ。

Feature photo by Instagram user peter_brantii via RichKidsOfInstagram

原文へ

(翻訳:Maeda, H)