Grouponの第2四半期、売上5億6830万ドル、利益2840万ドルとまずまず―しかし株価はさらに下げる

次の記事

人類の未来はいじめられっ子にある, だから最後に勝つのはOpen Stackだ

Groupon-Logo1

Grouponは今日(米国時間8/13)、2012年第2四半期の業績報告を発表した。2011年11月に株式を上場してから3回目の四半期報告だった。

Grouponの第2四半期の売上は5億6830万ドルで、対前年同期比45%のアップだった。 2012年第1四半期の5億5930万ドルからも1.6%のアップとなったが、アナリストの予想の平均、5億7480万ドルには届かなかった。

しかし、Grouponの上げた利益は予想より大きかった。 第2四半期の純益は2840万ドル、1株あたり0.04ドルだった。ウォール・ストリートのアナリストの予想の平均は0.03ドルだったので、それを上回ることになった。

ここ数カ月Grouponは市場で手荒い洗礼を受けてきた。今日発表されたような良いニュースと悪いニュースがまだら模様になった結果では株価を回復する決定打にはならないだろう。今日の引け値は7.55ドルで、上場時の20ドルからは大きく下げた状態が続いている。四半期報告が発表された後の営業時間後取引ではさらに13%も下げて6.51ドルとなった。

しかしGroupon自身は今後の四半期成績は上昇していくと将来の見通しに自信を見せている。同社は第3四半期の売上は5億8000万ドルから6億2000万ドル、利益は1500万ドルから3500万ドルになるとしている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+