Facebook、過去のプロフィール写真も個別にプライバシー設定可能に

次の記事

底辺への長い競争に突入したタブレット

従来Facebookは過去のプロフィール写真全部に対して一つのプライバシー設定しか許していなかったが、このたび過去のプロフィール写真一枚ごとにプライバシー設定ウィジェットが付いた。これでプロフィール写真アルバムが「携帯アップロード」と並ぶ特別なカテゴリーの一つとなり、Facebookが言う、一枚ずつアップロードした写真の「精緻なコントロール」が可能になった。コントロールが強化されたことは、写真をアップロードしる意欲を高めることに繋がるだろう。[訳注:「ウォールの写真」やInstagram、Foursquareなどによって作られるアルバムも個別に設定可能のようです]

現在のプロフィール写真とカバー写真は引き続き全体公開なので、ビールや胸の谷間は外しておいたほうがいいかもしれない。

プロフィール写真および携帯アップロード以外のアルバムは、アルバム単位のみのプライバシー設定のみで、アルバム内の全写真に適用される。下の写真の”Edit Album Privacy”ボタンは、以前のプロフィール写真アルバムの機能を示している。

新たに加わったコントロールをユーザーが理解できるように、Facebookはサイドバー広告形式で、変更の説明およびヘルプセンターへの誘導を行っている。

数年にわたって複数のプライバシーグループやブログから批判された後、Facebookの新サーバーシステムが、「削除」ボタンをクリックした際写真を完全に削除するようになったことを、今日の午前Ars Technicaが確認したこともあり、今日はFacebookの写真プライバシーにとって大きな一日である。

これらの新しいコントロールによって、ユーザーは個々の写真の公開範囲を制御可能になり、必要な時に削除できることから、これまで以上に自分の写真を共有するようになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)