Windows RTタブレットはWin 8タブより300ドル安–iPadの下辺に食らいつく気

次の記事

Yahoo新CEOの最初の30日–フリーランチ, "What is Yahoo?"を禁句に

thinkpad

iPadにやっと互角な競争相手が現れるようだ。Bloombergのインタビューで、Lenovoの北米担当最高役員David Schmoockが、Windows RTを搭載したタブレットはWindows 8フル搭載のものより200〜300ドル安くなる、と言った。Win 8タブレットは600〜700ドルと言っているから、RT機はiPad以下になる。

ただしSchmoockはあくまでもLenovoのことを言っているのだろう。待望のMicrosoft Surfaceも、これと同じ価格体系になる。Microsoftはまだ価格について沈黙しているが、Windowsタブレットがその価格で出揃うのならiPadにやっと好敵手が現れたことになる。

一般消費者がタブレットを欲しがっていることは、今や明らかだ。だからその市場は急成長しており、製品と価格が多様化するとともに、市場はさらに成長する。本誌のJohn Biggsが昨日書いたように、一部の企業は市場の底辺を奪い合っている…低機能のAndroidタブレットを安く提供することによって。しかしWindowsタブレットは、その路線では進めないはずだ。

噂によるとMicrosoftはOEMに、Windows RTに関して相当な大金を課しているらしい。Windows 8はさらに高いだろう。これまでの情報によると、RTのライセンス料は85ドルだそうだ。だからWindowsタブレットはRTにせよ8にせよ、Nexus 7的な価格では売れない。OEMたちは、少なくとも最初のうちは、Windowsタブレット市場の上辺、ハイエンド部分をねらうだろう。そこはまだ競争が緩くて、マージンを削るほどの苦戦にはならないだろうから。

上述のDavid Schmoockの見方では、“RTはきわめて果敢な価格戦略によって消費者と小売店店頭を他と奪い合うことになる”。そして、“売れるとは思うが、そのためには消費者が食いつく価格帯であることが必要だ”、とBloombergのインタビューで語っている。

極端に言うと、今市場にあるタブレットは499ドルのiPadと199ドルのNexus 7だけだ。後者は199ドルのKindle Fireを駆逐しつつある。だから、両者の中間の価格帯は誰もが参戦できる大きな空き地だ。無理のない予想としては、iPadのベース機種と同じ画面サイズとストレージを安く提供することによって、iPad市場の下辺を食う。そして次はiPadよりもやや高い機種としてWindows 8タブレットが、タッチインタフェイスによる完全なデスクトップ環境を提供する(PCメーカーであるLenovoあたりはそう謳うだろう)。しかしそれで戦場の構図が確定するわけではなくて、タブレット市場にはすぐに新勢力が現れる。

すなわち、ネット上の噂が真実ならば、Appleはもうすぐ250〜350ドルのiPad miniを出す。この価格帯を見ると、明らかにWindows RTタブを追い払うための防壁だ。ただし、画面は小さくなるようだが。

今タブレット市場を引っ張っているのはiPadだが、まだまだ市場の処女地は広大であり、将来のリーダー争いは流動的だ。WindowsタブレットはiPadとは違うユーザ体験を提供するつもりでいる。だから仮に価格が同じでも、それが捉えるユーザニーズや用途(ユースケース)は異なるはずであり、だからこそRT/8のタブレットにはその噂の価格体系で十分な商機がある。もしもそれがだめなら、Nexux 7と競争する低価格低性能路線に転身して、‘底辺を奪い合う戦い’に参戦するしかない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))