ニュース
Sponsored Results

Facebook、「検索連動広告」を正式公開―アプリ、ページ、場所を検索すると優先してリンクを表示

次の記事

実際の人気アプリ/ライブラリでJavaScriptエンジンをベンチするGoogleのOctane

Facebook Sponsored Results Zynga

今日(米国時間8/22)、Facebookは広告主に対してSponsored Resultsという検索連動広告の提供を開始したことを発表した。この広告は先月からテストを開始していたが、Facebookはこれまでコメントを控えていた。

広告主はユーザーが検索窓でアプリ、ページ、場所を検索するときに、自動補完(タイプアヘッド)形式で広告主が提供するそれらのアプリ、ページ、場所、記事へのリンクを表示する。広告主はFacebook外へのリンクは表示できないが、ライバルに先んじて自らのコンテンツにトラフィックを呼び込むことができるというのが大きなセールスポイントだ。

現在Zynga(左)とMatch.comがこのスポンサー検索結果(Sponsored Results)広告を表示している。この新しい形式の広告でFacebookはGoogleに対抗して検索で収入を得る有力な手段を得た。

[アップデート:Facebookは私の取材に対して「われわれは最近スポサー検索をより広汎に表示することにした」と述べた。]

Facebookこのスポンサー検索結果広告のデザインを当初テストを開始したときに比べていくぶん修正している。現在、スポンサー広告は検索入力の自動補完ドロップダウン内に太い黒字でSponsoredと見出しが付けられた部分に表示される。当初、「スポンサー」という薄い灰色の文字がリンクの下に小さく表示されるだけだったのに比べて、スポンサー広告であることが一見してはっきりと分かるようになった。

スポンサー検索結果広告の右側にのx印をクリックすると検索結果を非表示にできる。このxをクリックするとその理由(興味がない、誤解を招く、問題がある、繰り返しが多いから一つ以上選択)を尋ねるアンケート窓がポップアップする。

近く、広告主はFacebookのネーティブ広告APIである Power Editorを通じてスポンサー検索結果広告枠を購入できるようになる。Ads API文書によれば、サードパーティーが広告枠購入アプリを開発することも可能だ。

効果は限定的?

Facebookはスポンサー検索結果の表示にあたって非常に積極的だ。スポンサー広告は通常の検索結果が表示される前に最上部に表示される。たとえば出会い系サービスのOKCupid”を検索してもOkCupidのページや場所をさし置いてスポンサー検索結果であるMatch.comの方が先に表示される。これはゲームやアプリの場合、ライバルからトラフィックを奪うためのひとつの手段になるだろう。

ただし広告主にとってスポンサー検索結果広告はGoogleの検索連動広告ほどのメリットはないだろう。というのはユーザーはFacebookで検索する際に極めて限定された対象、アプリ、ページ、場所を探している場合が多い。つまり自分の探しているものが分かっているのでいくらスポンサー検索結果を優先的に表示してもユーザーに無視される可能性が高い。

ユーザーは通常Facebookで「カメラ」を検索しないし、まして「カメラを買う店」を検索したりしない。しかしGoogleではこうしたタイプの検索は一般的だ。つまりGoogle検索の方が購買に直接結びつく可能性が高く、したがって広告の費用対効果も高い。

Facebookの新広告は確かにアプリやコンテンツへのトラフィックの誘導に効果があるだろうが、ユーザー体験の改善になるかといえばそれは疑問だ。ただし最近私が批判したデベロッパー向けのニュースフィード広告ページ管理者向け広告のように明白にニュースフィード自体に非ソーシャル広告が表示されるわけではないので、Facebookのビジネスに対する理念に反する度合いは少ないと思う。

インターネットのユーザーは検索連動広告に慣れきっているし、Facebookの検索機能はそれほどひんぱんには使われていない。「マーク・ザッカーバーグは株主価値を最大化することを怠っている。もっと金を稼げ」という近視眼的な非難を抑えるのに役立つだけでもこのスポンサー検索結果広告にはメリットがあると思う。.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+