新iPhone登場で充電用電源探しに冬の時代到来か?

次の記事

Apple勝訴の余波―Samsungの時価総額は120億ドル下落、Apple、Nokia、RIMの株価はアップ

Winter Is Coming

皆さんはiOSデバイスの30ピンのコネクター・ケーブルを何本持っているだろうか? 私は7本持っている。友だちの多くは少なくとも2本持っているようだ。iPhoneを持って数ヶ月すれば誰でも何本かのケーブルを買うことになる。

しかし次世代iPhoneのケーブルは8ピンのミニ・ポートになる。これはもちろんiOSデバイスのアクセサリー産業に大変革を起こすだろう。Appleは新ケーブルを例によって30ドルとかの価格で売り出すだろうが、新ケーブルがあまねく普及するまでには何年もかかるだろう。

しかしアクセサリー産業だけでなく、われわれユーザーも iケーブル問題に直面する。

Appleは世界で3億6500万台のiOSデバイスを販売した。これに加えて無数のアクセサリーが存在する。ユーザーが保有するiOSケーブルの総数は想像もつかない。

そこでわれわれはどこにでも30ピン・ケーブルがどこにでもあるというライフスタイルに慣れてしまった。充電器を忘れても問題ない。友だちの誰かが持っているだろう。車に充電器とケーブルを積んでいる人も多い。レストランのウェイトレスに頼んでもよい!

先日、友だちとレストランで夕食をとっているとき、友だちの1人がiPhoneを取り出し、「充電してね」といってウェイトレスに差し出した。iPhoneには充電器もケーブルもついていなかった。ウェイトレスはiPhoneを受け取って厨房の近くに持って行った―驚いたことに、そこにはケーブルつきの充電器がコンセントに挿してあった。

新iPhoneが9月に発売になればたちまち何百万台も売れるだろうが、それぞれに8ピン・ケーブルは1本しかついてこない。白いボックスタイプの充電器はUSBポートだから影響を受けないが、従来の30ピン・ケーブルは一瞬で無用のものとなってしまう。

うっかり8ピン・ケーブルをなくそうものなら悲惨だ。Appleファンは「iPhoneならケーブルは世界中あまねく存在する」という考えを一時捨てる必要がある。

そもそもiPhone 4Sもバッテリー駆動時間には問題を抱えている。次世代iPhoneでそれが改善されているなどと考えないほうがよい。 リーク情報によれば、iPhone 5のバッテリーは容量は1440mAhで、iPhone 4Sのバッテリーと比べてわずか10mAh しか容量が増えていない。これは現在スマートフォンで最強のバッテリー、DroidRazr Maxxの3300mAhの半分以下だ。

ここにSiriが機能強化され、利用頻度が増える。4G LTE無線通信は電力を食う。さらに噂のとおりNFCやBluetooth 4が加われば結果ははっきりしている。新iPhoneのバッテリー駆動時間はかなりひどいことになるはずだ。

10月の中旬くらいになって、新iPhoneのユーザーがバッテリー駆動時間の短さに気づくころ、新iPhoneの普及率は既存iOSデバイスの1%くらいにしかなっていないだろう。今までiPhoneユーザーは外出するときに30ピン・ケーブルを持ち歩く必要はほとんどなかった。しかし今後はそうはいかない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+