次期iPhoneに早くも特許問題か?

次の記事

Disrupt:ピボットに成功したPath 2.0、利用者拡大中でアクティブユーザー率は50%

来る9月12日のApplelイベントで、同社は全世界で4G LTE通信機能を持つiPhoneを発表すると予想されている。しかし、Samsung、HTCらのライバルたちは、もしLTE通信機能付きiPhoneを発売するなら、特許侵害でAppleを訴訟し米国内での発売禁止を要求すると今から警告を発している。

4G LTE通信機能に関してスマートフォンメーカー各社は、特許訴訟に備えて何年も前から特許を蓄積してきた。Appleはまだ4G携帯電話を販売しておらず、この分野では出遅れている。ライバルたちはこの状況に乗じて、Appleの4G LTE iPhone発売を阻止しようとしている。

AppleはすでにLTE通信機能付きiPadを今年3月に発売している。HTCはAppleの全LTEデバイスを対象に同社を特許侵害で訴え、米国内での販売禁止を要求した。AppleはHTCの米国特許に対する無効化請求を提出した。しかし、Businessweekによると、米国国際貿易委員会のペンダー判事は、証拠なくこの請求を処理することはできないとしている。

HTCは、それらのLTE特許を2011年4月、同社初のLTE機種であるHTC Thunderboltの発売前に取得した。当初の8項目にわたる特許侵害の内、2件のみが国際貿易委員会によって今も有効と認められている。Appleはこの訴訟がこれ以上進行することを極力避けようとしている。

一方Smasungは、依然としてAppleとの国際特許戦争を続けている。「Samsung Electronicsがクパチーノ拠点のAppleに対して直ちに法的手段に訴えると決定したことは真実だ。ヨーロッパの国々やAppleの本拠地である米国さえも、われわれの主要な標的である」と、Samsungのある上層社員はThe Korea Timesに語った。

Appleはこの問題をきわめて深刻に捉えており、最近LTE関連の特許を数多く取得している。韓国特許商標庁によると、昨年Appleの特許はゼロ件だったが、現在はLTE特許全体の4.9%を保有し、一方Samsungは12.7%保有している。

特許に基づく訴訟は間違いなくすぐには終わりそうにない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)