速報:iPhone 5はほぼすべて予想どおり―LTE、4インチRetinaディスプレイ、高速A6チップ、新コネクタ、4Sより軽い

次の記事

Apple、サイトでの検索結果に誤ってiPhone 5、新型iPods、新版iTunesなどを掲載。どうやら本日の発表イベントは噂の通り

iphone5-5

何ヶ月もの息をこらした予測の時間がついに終わりを告げた。先ほどサンフランシスコで開催された巨大なプレス・イベントでAppleのフィル・シラーがiPhone5を公式に発表した。先代のiPhone 4Sが発表されてから1年弱だった。

最近大量に出回ったリーク(その中には今日の Apple自身のフライングも含まれる)のおかげで、今回明らかにされた情報に大きな驚きはなかったが、ともかく内容を確認していこう。

iPhone 5

  • 最大の論争にもケリがついた。Appleの新しいフラグシップ携帯は iPhone 5と呼ばれる(実際には6代目だが)。ガラスとアルミウムの筺体は現行のiPhone 4Sに比べて20%軽く、18%薄くなっった。
  • iPhone 5の予約は明後日(米国時間9月14日)から受け付ける。出荷開始は9月21日。これまでどおり、16GB、32GB、64GBモデルが用意され、AT&T、Verizon、Sprintとの2年契約の場合、価格はそれぞれ199ドル、299ドル、399ドルだ。
  • 以前から噂になっていた2トーンのデザインもやはり事実だった。また噂どおり、新iPhoneには4インチRetinaディスプレイ が装備された。16:9で縦1136、横640、アイコンが縦5列にならぶデザインも予想どおり。フィリップ・シラーによると、タッチセンサー自体がディスプレイに内蔵されているので、現在業界でもっとも精密なディスプレイだという。
  • 噂どおりiPhone 5には新設計のA6チップが採用された。iPhone 4SのA5チップより「完全に2倍速い」とシラーは述べた。
  • iPhone 4Sのバッテリー駆動時間はあまり褒められたものではなかったが、iPhone 5ではそれが改良されたようだ。 3G通話は8時間、3GとLTEでのウェブ・ブラウズも同じく8時間とされている。
  • オーディオ関係についてはスピーカーは(改良されたものの)小型化された。マイクはフロント、裏、そしてボタンと3箇所に装備された。
  • これも以前から話題になっていたドック・コネクタの小型化も実現した。8新コネクタは8ピンで“Lightningと呼ばれる。新タイプのアダプタも発表されたが価格は不明。

接続性

  • iPhone 5はアメリカではSprint、Verizon、AT&TのLTEが利用できる。2.4GHzのLTE接続と5GHz 802.11n Wi-Fi接続を単一の高速チップでまかなっているのは素晴らしい。
  • NFCチップの内蔵は見送られたもよう。

カメラ

  • スマートフォンのカメラはとうとうコンパクト・デジタル・カメラに深刻な競争相手として認識されるようになってきたが、今回、Appleはピクセル数の拡大競争には走らず、8メガのままとした。 しかし裏面照射型画像センサーはより小型化され、低照度の環境での能力が(ついに)改善された。
  • カメラ・アプリのデベロッパーには悪いニュースかもしれないが、パノラマ・モードが用意された。新カメラは1080pのHDビデオが撮影可能で、ビデオを撮影しながら静止画のスナップも撮れる。カメラが自慢のHTCにはショックだろう。

〔日本版:Appleジャパンのサイトによれば、日本での発売開始も9月21日とされている。日本語字幕付きiPhone 5紹介ビデオはこちら。画面が大きくなったのにバッテリー駆動時間が伸びたのはA6チップの省電力性の高さによるものらしい。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+