YouTubeが優秀な先生を世界の人気者にするためのコンペを開催

次の記事

iOS 6のAppleマップ:ユーザー体験が一歩後退すると何が起きるのか

18-YouTube-for-Schools

YouTubeは熱心で積極的な先生たちを人気者にする計画に取り組んでいる。そのために行うのが、Khan AcademySal Khanなどスター級のオンライン教育者を審査員とするビデオ授業のコンペだ。YouTubeは発表のブログ記事で、“オンラインの教育ビデオの普及により、学習者は世界の優れた研究者や教師にアクセスでき、教育の格差が解消することが期待される”、と述べている。“私たちは、有能なオンライン教育者が世界中のあらゆる階層の人びとから現れて、YouTube教育部門の次世代のスターになられることを期待する”。

Googleは最初、3億ドルを投じて隠れたコンテンツを発掘し、エンタテイメント作家のスターを育てるつもりだった。今回の教育プロジェクトは、インターネットは世界の優れた先生たちを集めることができる、という何年も前からの期待と、YouTubeという優れたメディア企業のマーケティング能力を結びつける試みだ。

発表文はここにあり、下のビデオはYouTubeの人気先生ビデオの一例だ:

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))