Intelの新製品プロセッサはLinuxをサポートしない

次の記事

猫がよく見える, それがiPhone 5の最良の特長だ

intel_logo

Intelは、ラップトップとタブレット用の新製品チップでLinuxをサポートしない。そこで、その次世代AtomチップClover Trailでは、Windows 8が唯一のオペレーティングシステムとなる。

もっと言うと、Clover Trailはx86系のチップだからLinuxは動く。しかしどのデバイスメーカーも、より無難な道を進むだろう。Intelは、Clover Trailが公式にサポートするOSはWindows 8のみと明言し、Win 8にアドバンテージを与えている。

Intelは今週のデベロッパフォーラムにおけるレスで、Clover TrailはLinuxをサポートしないと正式に認めている。

The Inquirer紙によると、問題はこのチップの電力消費にあるらしい。インテルのある技術者が言うには、別のOSをサポートするためには、相当面倒な作業をしなければならない。だから今後のバージョンではサポートされるのかもしれないが、とにかくLinuxを外す明確な理由は分からないままだ。

このニュースは、モバイルにおけるMicrosoftの遅れを物語っている。いわばIntelは、Microsoftに市場におけるハンディを与えているのだ。しかし、そんなやり方は果たして有効だろうか?

Microsoftはモバイルの市場で、タイヤを側溝に落としてしまい、はい上がれない。IntelがWindows 8に少々のアドバンテージを与えても、メインの戦いは依然としてiOS vs. Androidだ。

しかし企業市場はどうなるか? Appleは、企業の採用も伸びている。MicrosoftはWindows 8のタブレットで企業市場に突破口を開くつもりだが、これぐらいハンディをもらったって、あまり役に立たないと思うが。

〔訳注: この記事は駄記事/愚記事として、原文のコメントでさんざん叩かれています。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))